CSR中期計画

Group、 Global、 Communicationを軸とした中期計画を推進しています


3つの"際立ち"

CSR中期計画(2014〜2016年度)

3つの“際立ち”
  主要実施項目 目標 2015年度の実績
全体
  • CSR経営のさらなる浸透
  • 各事業計画への展開
  • CSR研修体系の整備
環境での際立ち
  • 1 環境貢献製品売上拡大
  • 売上高比率50%以上
  • 売上高比率 44.3%
  • 2 環境負荷の低減
    1)温室効果ガス排出量削減
    2)廃棄物削減
    3)水リスクへの対応
  • 国内外同一目標
    ・総量維持(2013年度比)
    ・生産量原単位12%削減
     (2013年度比)
    ・現状把握と対策立案

  • ・国内9.9%削減、海外0.6%削減
    ・国内4.4%増加、海外9.1%削減
    ・国内50事業所、海外48事業所で
      調査完了
  • 3 自然環境の保全
  • SEKISUI環境ウィーク全員参加
    (従業員参加率100%)
  • 土地利用通信簿®
    10ポイント改善
  • SEKISUI環境ウィーク参加率67%
  • 土地利用通信簿®
    8.0ポイント改善
CS品質での際立ち
  • 1 基盤品質の磨き上げ
  • 重要品質問題ゼロ
  • 外部損失費の半減(2013年度比)
  • 重要品質問題ゼロ
  • 2013年度比5%削減
  • 2 魅力品質の磨き上げ
  • お客様満足度の向上
  • お客様の声をまとめた冊子「VOICE」を発行
人材での際立ち
  • 1 グループ人材力の向上
  • 公募拡大30件/年
  • 公募拡大43件/年
  • 2 グローバル人材づくり
  • グローバル人材数400人
  • グローバル人材数329人
  • 3 ダイバーシティの推進(女性・シニア・外国人・障がい者)

  • 新卒女性採用比率30%
  • グローバル採用比率20%
  • 新卒女性採用比率27%
  • グローバル採用比率25%
3つの“誠実さ”
  主要実施項目 目標 2015年度の実績
コンプライアンス
  • 1 汚職防止、不正防止
  • 発生件数ゼロ
  • 発生件数ゼロ
  • 2 重要コンプライアンス問題の 防止

  • 発生件数ゼロ
  • 発生件数ゼロ
リスクマネジメント
  • 1 未然防止の徹底
  • リスク管理活動の質の向上
  • リスクスコア低減率14%
  • 2 危機管理体制の強化(国内)
  • 防災体制の充足率90%
  • 防災体制の充足率91%
  • 3 危機管理体制の強化(海外)
  • 危機管理マニュアル整備率100%
  • 危機管理マニュアル整備率92%
コミュニケーション
  • 1 ステークホルダーとの
    対話拡充
  • 主要SRIインデックス選定継続
  • 主要SRIインデックス選定継続
  • 2 人権・サプライチェーンへの 対応(児童労働・差別)

  • グローバルでのCSR調達推進
  • 米国グループ会社主要取引先への CSR調査実施
  • 3 環境・社会貢献活動の推進
  • 参加人員の拡大(2013年度比)
  • TABLE FOR TWO 参加人数9.7%増

CSR中期計画の概要

中期経営計画の基盤となる「CSR SHINKA」では、CSR経営をさらに進化させ、人材の活性化や積水らしさを追求していきます。

「環境での際立ち」については、環境貢献製品売上高の拡大、環境負荷の低減、自然環境の保全をグループ全体で推進し自然資本へのリターンに貢献していきます。

「CS品質での際立ち」については「基盤品質」と「魅力品質」の磨き上げに取り組み、指名され続ける品質と魅力ある製品・サービスの提供を目指します。

「人材での際立ち」については「Group、Global、Diversity」を基軸に、グループ全体の人材力を高めていきます。そのために人材の確保と育成、グループ全体でのダイバーシティ経営の展開、それを支えるグループ人材情報のITを活用した一元管理に取り組んでいきます。



ページトップへ