HOME > 新着情報 > 2013年 > 合わせガラス用乳白グラデーション中間膜『Cielora™ (シエロラ™ )』の発売について

合わせガラス用乳白グラデーション中間膜『Cielora™ (シエロラ™ )』の発売について

―美を極めた、グラデーション―
印刷用ページ 2013年11月6日

積水化学工業株式会社

積水化学工業株式会社(社長:根岸修史)高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:松永隆善)では、デザイン性、安全性を併せもった新たな建築向け合わせガラス用乳白グラデーション中間膜『Cielora™(シエロラ™ )』の販売を2014年3月より開始します。

 

Ⅰ.中間膜について

合わせガラス用中間膜とは、ガラスとガラスの間に挟み込むことによりガラスの飛散防止を始めとする各種機能を向上させる樹脂フィルムです。自動車や建築用途において、安全性・快適性の観点から市場は拡大しています。

 

 

 

中間膜について

 

Ⅱ.当社の中間膜事業について

1958年製造開始以来、S-LEC™ (エスレック™ )ブランドとして自動車用を中心に展開、中間膜の高機能化技術により順調に成長を重ね、世界No.1のシェアを有しています(当社推定)。また世界6カ所(日本、中国、タイ、オランダ、米国、メキシコ)に生産拠点を持ち、16カ所に販売拠点を持ちます。

 

Ⅲ.『Cielora(シエロラ)』の概要について

『Cielora™ (シエロラ™ )』は中間膜の基本性能であるガラスの飛散防止、紫外線カット機能に加えて、自然で美しく流れるようなグラデーションを有したデザイン性に優れる世界初(当社調べ)の乳白グラデーション中間膜です。世界最大の欧州ガラス展示会Glasstec2012に参考出展した際には非常に大きな反響を頂きました。2014年3月に販売を開始するとともに、建築市場における『Cielora™ (シエロラ™ )』ブランドの浸透を進めます。

 

1.建築向け合わせガラス市場について

建築向け合わせガラスは窓や手すり等の外装用とパーティション等の内装用に大別され、主には防犯やガラス破損時の飛散防止の視点から採用されています。
乳白グラデーション中間膜Cielora™ (シエロラ™ )はデザイン性という新たな視点を加えることで建築分野における中間膜の新たな市場を創造します。

 

2.『Cielora™ (シエロラ™ )』の特徴

自動車用途で培ったグラデーションを製造するノウハウを軸に、乳白色の顔料を中間膜に混ぜ込むことにより美しい乳白グラデーションを実現しました。
従来の安全性・防犯性、紫外線カット性能に加え、デザイン性にも優れる製品です。

 

①安全性・防犯性

 

 

ガラス破損時の飛散や飛来物の貫通を防ぎ、防犯にも効果があります。

 

②紫外線カット性能

 

 

インテリアなどの退色劣化や、肌を日焼けさせる紫外線を99%以上カットします。

 

③デザイン性

 

 

美しいグラデーションは建築物の高い意匠性や自由度の高い空間演出を可能にします。また、気になる視線を遮るプライバシー保護性能をガラスに付与できます。

 

 

 

 

Cielora™ (シエロラ™ ) 断面イメージ図

 

 

CieloraTM(シエロラTM) 断面イメージ図

 

 

 

 

Ⅳ.『Cielora(シエロラ)』の用途例

①視線が気になるマンションのテラス

用途例:視線が気になるマンションのテラス

 

②ガラス張りのオフィス

用途例:ガラス張りのオフィス

 

③美しい空間を演出するパーティション

用途例:美しい空間を演出するパーティション

 

④パーティションとしての使用例

用途例:パーティションとしての使用例


 

 中間膜事業部サイトlink

 「Glasstec2012」出展についてはこちら

 

本件に関するお問い合わせ先

積水化学工業株式会社 〒105-8450 東京都港区虎ノ門2‐3‐17(虎ノ門2丁目タワー)
 高機能プラスチックスカンパニー 中間膜事業部 TEL:03-5521-0938
 コーポレートコミュニケーション部 広報グループ TEL:03-5521-0522

ページトップへ