HOME > 新着情報 > 2015年 > 介護・自立支援設備『wells システムバス KGSシリーズ』のモデルチェンジについて

介護・自立支援設備『wells システムバス KGSシリーズ』のモデルチェンジについて

~介助者・経営者の負担軽減とリフォーム対応力が向上~
印刷用ページ 2015年8月28日

積水ホームテクノ株式会社
積水化学工業株式会社

 積水化学工業株式会社(代表取締役社長:髙下 貞二)の100%子会社である、積水ホームテクノ株式会社(代表取締役社長:前田 昌敬、以下積水ホームテクノ)は、『wellsシステムバス KGSシリーズ』のモデルチェンジを行い、9月1日より発売します。

 

Ⅰ.開発の背景

 社会における高齢化の進行により、介護施設の増加や多様化が今後も進むと考えられます。介護施設・病院における入浴については、かつての大浴場での入浴から、プライバシーが守られる個室での「個浴」へとスタイルが変化してきていますが、入浴者の介護度によっては、家庭用のシステムバスでは対応が難しいケースがありました。
 積水ホームテクノでは、これまで介護施設・病院向け浴室市場で、浴槽レイアウトの変更や機械浴槽への交換、リフトの追加などにより、様々な介護度の入浴者への対応や、介助者と介護施設・病院経営者の負担軽減に取り組んできました。

 

Ⅱ.製品の概要・特徴

 『wellsシステムバス KGSシリーズ』では、モデルチェンジにあたり、介助者と介護施設・病院経営者のさらなる負担軽減と、浴室リフォームへの対応力向上を目指しました。

 

1.介助者の負担軽減

 

①移乗台の軽量化(従来比40%減)による浴槽レイアウト変更の容易化(※下写真)  

②視認性の高い手摺色(wellsブランドカラーのピンク色)を採用

③天井埋込型LED照明の採用で浴室内の照度を向上(従来比100%増)

 

2.経営者の負担軽減(経営コストの削減)

 

①浴槽排水時間の短縮(従来比38%減)による入浴準備時間の短縮 

②LED照明、節水シャワー採用による省エネルギー効果

 

3.浴室リフォーム対応力向上

 

①床下設置必要寸法を従来の250mmから200mmに削減(2020サイズ)し、既設の在来浴室からシステムバスへのリフォーム対応力が向上

 

 (写真)

製品写真

 

Ⅲ.販売価格および販売目標 

 ・販売価格:1,740,000円 ~ 4,697,000円(税別)(オプション・取付設置費用別途)

 ・販売目標:1,500台(2015年度)

 

<製品写真>『wellsシステムバス KGSシリーズ』

介護・自立支援設備 ウェルス「Wells」

<製品写真>『wellsシステムバス KGSシリーズ』

 

<製品写真>『wellsシステムバス KGSシリーズ 連結プラン』

<製品写真>『wellsシステムバス KGSシリーズ 連結プラン』

 

 (連結プランバリエーション)

(連結プランバリエーション)

 

 

 ***

 

【ご参考①】介護施設開設数推移(居室数)~タムラプランニング調べより~

介護施設開設数推移(居室数)~タムラプランニング調べより~

 

【ご参考②】積水ホームテクノ株式会社の概要

 

本      社

:大阪府大阪市淀川区宮原3-4-30 ニッセイ新大阪ビル17階

 

代  表  者

:代表取締役社長 前田 昌敬

 

資  本  金

:3億6000万円

 

売  上  高

:約340億円(2015年3月期)

 

従  業  員

:436人(2015年3月31日現在)

 

主な事業内容

:住宅用設備機器の製造・販売、住宅用建材及び関連部材の販売
 商品付帯組立及び建築関連工事、メンテナンス、リフォーム工事

 

 

製品情報 関連リンク

介護・自立支援システム wellslink

 

本件に関するお問い合わせ先

 積水ホームテクノ株式会社 ウェルス事業部
  TEL:03-5348-6351 / 06-6397-3682

ページトップへ