HOME > 新着情報 > 2016年 > 2016年 年頭挨拶

2016年 年頭挨拶

“SHINKA”を実現!
次なる飛躍へ 新次元の成長ビジョンを描く

印刷用ページ 2016年1月4日

積水化学工業株式会社
代表取締役社長 髙下 貞二

 今年は、中期経営計画「SHINKA!-Advance 2016」の最終年度であり、2016年度営業利益1000億円の計画達成を目指す。当社にとって勝負の年である。
 
 世界の景気や資源安、治安への不安などのリスクもあるが、リオデジャネイロオリンピック・パラリンピック開催や、好調な米国経済、政府の景気対策などを背景に期待できる側面もある。景気の緩やかな回復期における需要を着実に獲得すべく、当社は次のように取り組む。

 

1)収益力強化

 営業利益率10%を目指して事業の選択と集中、徹底した経営効率化を推進。

2)協創、イノベーション

 環境貢献製品を中心とする次期中期を見据えた新製品・新事業の創出。

3)フロンティア開拓

 成長を続ける海外市場、国内では成長ストック、エネルギー分野などを拡大。

 

 

 今後、日本国内においては、「少子高齢化・労働人口減少」「消費税10%への増税」「エネルギー政策の方向性」という課題が大きく顕在してくる。当社グループではこれらの課題に対し、ダイバーシティ経営をグループ隅々まで行き渡らせる。消費税増税の対応に備え、体制整備を徹底する。環境貢献製品でエネルギー問題に貢献するなどの取り組みを進めていく。

 さらに来年2017年は、当社創立70周年、そして次期中期経営計画スタートの年。そこへ向けて、グループ従業員の力を結集し、挑戦的な新次元の成長ビジョンを描く年にしたい。

以上

 

 

ページトップへ