3分でわかる積水化学

ひとびとの暮らしを変え、
社会に貢献するさまざまな製品・事業を
生み出してきた積水化学グループ。
そんな当社の特長や強み、成長戦略を
早わかりで紹介します。

ROOTS

セキスイのルーツ

1947年創業の
「プラスチック製品のパイオニア」です

1947年3月3日、日窒コンツェルンのプラスチック部門を前身として、 大阪市に「積水産業株式会社」が誕生。
1948年に現在の「積水化学工業」に改名し、 日本のプラスチック産業をリードする企業として歩みを進めました。
以来、人々の暮らしを変え、社会に貢献してきた積水化学は、おかげさまで昨年に創業70周年を迎えました。

BUSINESS

セキスイの事業

「高機能プラスチックス」
「環境・ライフライン」「住宅」
3つの事業を展開

01

より便利で豊かな社会を実現

02

暮らしと社会の基盤を支える

03

安心・快適な住まいづくり

FAMILIAR

身近にあるセキスイ

積水化学グループの
先進技術でつくられるさまざまな製品は、
わたしたちの身の回りのあらゆる場面で
活躍しています

TECHNOLOGY, R&D

セキスイの技術力と研究開発

高機能・高品質を生み出す、「際立つ」
技術力があります

25の技術プラットフォームを活用し、社内外との技術の融合により新事業創造を加速します。

25の技術プラットホーム 社内外との“融合”取組みを強化

技術を磨く研究開発に力を入れています

研究開発費 3697,400万円

住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックスのそれぞれの事業部門で定めた狙いに対して、基礎研究や応用技術から新規事業の開拓まで、先端技術で際立つための研究開発に取り組んでいます。

※数値は2018年3月末時点(連結ベース)

科学技術研究への助成 243

「自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」の助成件数は累計243件。積水化学は、“自然”に学んだ「基礎サイエンス」の知見を活用しようとする大学・研究機関の研究活動を支援するため、「自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」を実施しています。

SALES & PROFITS

売上と利益

原材料価格の高騰や円高の影響を受けるも過去最高益を更新しました

売上高 11,0742,900万円

売上高推移

営業利益 9923,100万円

営業利益推移

営業利益、経常利益、当期純利益はすべて過去最高を更新、営業利益は9期連続して増益、さらに5期連続して最高益を更新しました。

※数値は2018年3月末時点(連結ベース)

事業別売上高構成比(2017年度)
地域別売上高構成比(2017年度)
  • ※1億円未満切り捨て
  • ※2事業別売上高:消去または全社が▲216億円

GLOBAL

世界に拡がるセキスイ

日本、アジア、欧州、アメリカの各地に
開発・生産・販売拠点を有し、
グローバルに事業を展開しています

従業員数 26,080

世界20以上の国・地域で、積水化学グループのグローバル人材が活躍しています。

※数値は2018年3月末時点

FUTURE

セキスイのこれから

「100年経っても
存在感のある企業グループであり続ける」
事業を通じた社会への貢献と
企業としての成長を追求していきます

中期経営計画
SHIFT 2019-Fusion-
(2017~2019年度)

積水化学グループ一丸となり、「新次元の成長」に向けて、中期経営計画SHIFT 2019-Fusion-(2017~2019年度)に取り組んでいます。技術や事業機会、人材、その他リソースを社内外で融合(Fusion)させることで、新たな価値を生み出し、成長の加速を図っていきます。

世界にまた新しい世界を。

A new frontier, a new lifestyle.

ページ上部へ