3分でわかる積水化学

ひとびとの暮らしを変え、
社会に貢献するさまざまな製品・事業を
生み出してきた積水化学グループ。
そんな当社の特長や強み、成長戦略を
早わかりで紹介します。

ROOTS

セキスイのルーツ

1947年創業の
「プラスチック成形加工のパイオニア」です

1947年3月3日、日窒コンツェルンのプラスチック部門を前身として、 大阪市に「積水産業株式会社」が誕生。
1948年に現在の「積水化学工業」に改名し、 日本のプラスチック産業をリードする企業として歩みを進めました。
以来70余年、住宅、医療、自動車、インフラなどさまざまな分野で「際立ち」を磨き続け、ひとびとの暮らしと地球環境に貢献してきました。

BUSINESS

セキスイの事業

「高機能プラスチックス」
「環境・ライフライン」「住宅」
3つのカンパニーと
メディカル、コーポレート(新規事業創出)による事業を展開

01

より便利で豊かな社会を実現

02

暮らしと社会の基盤を支える

03

安心・快適な住まいづくり

人々の健康と
豊かな生活の実現

FAMILIAR

身近にあるセキスイ

積水化学グループの
先進技術でつくられるさまざまな製品は、
わたしたちの身の回りのあらゆる場面で
活躍しています

TECHNOLOGY, R&D

セキスイの技術力と研究開発

高機能・高品質を生み出す、「際立つ」
技術力があります

28の技術プラットフォームを活用し、社内外との技術の融合により新事業創造を加速します。

28の技術プラットホーム 新領域開拓に向けた融合創出強化

コア技術強化と技術人材育成に力を入れています

研究開発費 3714,600万円

住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックス、メディカルなどの各事業部門や、コーポレートR&Dで定めた狙いに対して、基礎研究や応用技術から新規事業の開拓まで、先端技術で際立つための研究開発に取り組んでいます。

※数値は2020年3月末時点(連結ベース)

科学技術研究への助成 255

持続可能な社会の形成に向けて、自然に学んだ、環境負荷を低減する未来型の技術開発、設計技術、システムが求められています。積水化学は、自然に学んだ基礎サイエンスの知見を活かし、「ものづくり」さらには「社会課題の解決」に活用する研究活動を支援しています。

※数値は「自然に学ぶものづくり研究助成プログラム」助成件数累計

SALES & PROFITS

売上と利益

ESG経営を中心においた革新と創造で、社会課題解決への貢献拡大を目指しています

売上高 11,2925,400万円

売上高推移

営業利益 8776,800万円

営業利益推移

COVID-19の影響により、各段階の利益は前年比減となりましたが、配当は2円増配の10期連続の増配となりました。

※数値は2020年3月末時点(連結ベース)

事業別売上高構成比(2019年度)
地域別売上高構成比(2019年度)
  • ※1億円未満切り捨て
  • ※2事業別売上高:「その他」全社事業分およびセグメント間の消去▲210億円を含む

GLOBAL

世界に拡がるセキスイ

日本、アジア、欧州、アメリカの各地に
開発・生産・販売拠点を有し、
グローバルに事業を展開しています

従業員数 27,003

世界20以上の国・地域で、積水化学グループのグローバル人材が活躍しています。

※数値は2020年3月末時点

FUTURE

セキスイのこれから

Innovation for the Earth
社会課題解決のために、イノベーションを起こし続け、
利益ある成長を実現していきます

積水化学グループは10年後の目指す姿を描いた長期ビジョン“Vision 2030”の実現に向け、その第一歩として、中期経営計画“Drive2022”に取り組んでいます。ESG経営の基盤を強化し、今まで築き上げてきた技術を軸に、新たな成長へ加速していきます。

世界にまた新しい世界を。

A new frontier, a new lifestyle.

ページ上部へ