For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Global Environment

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Global Environment

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Lives Of People Around The Globe

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving Extend Healthy Life

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving Build And Promote More Resilient Infrastructure

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

Scroll

Our Story

~The Next Future of SEKISUI~

積水化学グループは、1947年の創業以来、住宅、医療、自動車、エレクロニクス、インフラなどの分野で、世の中にはまだない際立つ技術や製品を創造し、社会とともに成長してきました。そして、100年経っても存在感のある企業グループであり続けるために、これからも革新と先進に挑み続けます。

Global 100 Most Sustainable Corporations in the World

積水化学工業は、世界で最も持続可能性の高い100社「2020 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World index(Global 100)」に選出されました。選出は3年連続5回目となります。
Global 100は、コーポレートナイツ社が、世界のあらゆる業界の大企業を対象に、環境・社会・ガバナンス(E/S/G)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出。積水化学工業は、クリーンレベニュー(環境貢献度・社会貢献度の高い製品・サービスの販売によって得た収益)、資源・廃棄物等の管理、イノベーション能力、安全、従業員の定着率などの項目で高い評価を受けました。

View Our Story


Video

SEKISUI CHEMICAL Group Video

SEKISUI CHEMICAL Group
Throughout the World

積水化学グループは、50年以上前に海外進出を果たして以降、
際立つ技術と製品でグローバルに事業展開し、成長を続けています。

※2020年3月期連結ベース
※アジア地域の数値に日本は含みません。

  • 北米 拠点数11
  • その他(豪州、中南米など)拠点数8
  • 欧州 拠点数18
  • アジア 拠点数46

SEKISUI
Challenge

未来への挑戦のとびらをひらく

  • CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    No.74

    ESG

    CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    No.74

    ESG

    CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    積水化学グループは、住宅、社会インフラ、車輌、エレクトロニクス、医療などさまざまな分野の事業を通じて社会的価値を創造してきました。本年度からはイノベーションによる持続的成長を続けるために、長期ビジョン“Vision 2030”と中期経営計画“Drive 2022”をスタートし、ESG経営を軸に現有事業の拡大と新領域への挑戦に取り組んでいます。
    CSRサイトでは、積水化学グループが果たすべき社会的責任と社会課題の解決のために行っているさまざまな取り組みをご紹介しています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    No.73

    ESG

    第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    No.73

    ESG

    第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    積水化学工業は第2回「プラチナキャリア・アワード」(主催:東洋経済新報社、後援:厚生労働省、(株)東京証券取引所)にて、最優秀賞を受賞しました。プラチナキャリア・アワードは、長期的な視点、自律的な学び、社会への貢献の3つの視点でキャリア形成を支援する企業が表彰されます。
    人生100年時代といわれるなか、当社は、「従業員は社会からお預かりした貴重な財産」との考え方に基づき、人材育成の主体は従業員本人自身であることが重要だと考え、今後のキャリア形成を自分で考える機会を提供するキャリアプラン研修を2001年度から年代別に実施しています。今後も従業員一人ひとりがいきいきと活躍できる風土の醸成を推進していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    No.72

    ESG

    「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    No.72

    ESG

    「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    積水化学グループが「SEKISUI Safe&Sound Project」として開発を行っている複合大規模タウン「あさかリードタウン」で、単独のグループ企業として初めてABINC ADVANCE認証を取得しました。(東京セキスイハイム(株)の戸建分譲街区において同認証を2018年に取得済)
    ABINC ADVANCE認証とは、(一社)いきもの共生事業推進協議会がエリア全体で実施される、生物多様性保全を通じたサステナブルの地域・まちの実現や、SDGsの達成を目指す民間セクターの貢献を評価する新たなシステムです。
    今後もESGを経営戦略の中心に置き、事業と一体となった取り組みを進めていきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    No.71

    Brands

    企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    No.71

    Brands

    企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    積水化学グループは、新たに10年先の長期ビジョン“Vision 2030”の実現に向け、中期経営計画「Drive 2022」を始動させました。ESG経営の成長をさらに加速させ、また、基幹事業領域(レジデンシャル、アドバンストライフライン、イノベ―ティブモビリティ、ライフサイエンス)における製品やサービスを創り出し、提供していくことで、社会課題解決の貢献拡大を目指します。

    映像はFullバージョンとテーマごとに分かれた分割バージョンとなっています。
    どうぞ新しい積水化学グループのSEKISUI TODAYをご覧ください。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    No.70

    ESG

    2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    No.70

    ESG

    2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    2019年度の「なでしこ銘柄」に選定されました。(2016年度、2017年度に続き、3度目の選定)
    積水化学は、「従業員は社会からお預かりした貴重な財産」との考え方に基づき、多様な人材の活躍、働きがいのある職場づくりに取り組んでいます。そのなかで、女性活躍推進は2007年度から取り組みを開始し、2015年度からは、ダイバーシティマネジメント方針を定め、女性活躍推進をファーストステップとしたダイバーシティ経営を積水化学グループ全体で展開しています。今後も、100年経っても存在感のある企業グループであり続けるために、さらなるダイバーシティ推進に取り組んでいきます。
    ※「なでしこ銘柄」は、経済産業省と東京証券取引所が「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じ、企業への投資を促進し、各社の取組の加速化を図るもので、2012年度から実施されています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    No.69

    Products

    札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    No.69

    Products

    札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    積水化学グループは、取り組むべき社会課題の領域を「住・社会のインフラ創造」と「ケミカルソリューション」に定め、ESGを経営戦略の中心に置き、事業と一体となった取り組みを進めています。
    今回、株式会社長谷工不動産と共に、札幌市豊平区平岸地区を取得し、「SEKISUI Safe&Sound Project」として、災害に強いサステナブルなまちづくり「札幌平岸リードタウン(仮称)」の開発に着手しました。
    積水化学グループが手掛ける「SEKISUI Safe&Sound Project」が目指すのは、グループの総合力を結集し、地域と社会課題解決に貢献する複合大規模タウンのまちづくり。「札幌平岸リードタウン」では、積水化学グループの製品・サービスを幅広く採用し、コンセプトに掲げる「Safe&Sound:安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまち」の実現を図ります。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    No.68

    Products

    サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    No.68

    Products

    サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    “ごみ”をまるごとエタノールに変換する生産技術の開発に成功した積水化学と、ポリオレフィンの製造に関する技術・ノウハウを有する住友化学が、“ごみ” を原料としてポリオレフィンを製造する技術の社会実装に向けて協力関係を構築することに合意しました。
    それぞれ2022年度から試験的な生産を開始し、2025年度には本格上市を目指します。
    両社の協力によって、エタノールから身近なプラスチックなどの有機化学素材を生み出すことで、“ごみ”を原料としてポリオレフィンを製造するサーキュラーエコノミーを確立。新たな化石資源の使用量を削減すると同時に、ごみ焼却時に発生するCO2排出量や廃プラスチックを削減することで、持続可能な社会の構築に貢献していきたいと考えています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「2020 Global 100」3年連続5回目の選出

    No.67

    ESG

    「2020 Global 100」3年連続5回目の選出

    No.67

    ESG

    「2020 Global 100」3年連続5回目の選出

    「Global 100」はカナダのコーポレートナイツ社が、世界のあらゆる業界の大企業(2020年は約7,400社)を対象に、環境・社会・ガバナンス(E/S/G)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出しているものです。
    積水化学は、クリーンレベニュー、資源・廃棄物等の管理、イノベーション能力、安全、従業員の定着率などの項目で高い評価を受け、日本企業では最上位の12位にランクされました。(日本企業は当社を含む6社が選出)
    今後も、世界のひとびとのくらしと地球環境の向上により一層努め、社会の持続可能な発展に貢献していきます。
    ※クリーンレベニュー:環境貢献度または社会貢献度の高い製品・サービスの販売によって得た収益

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「エコプロ2019」に出展しました

    No.66

    ESG

    「エコプロ2019」に出展しました

    No.66

    ESG

    「エコプロ2019」に出展しました

    12月5~7日に東京ビッグサイトで開催された「エコプロ 2019」に出展しました。積水化学グループ展示ブースのテーマは、「持続可能な未来のために積水化学グループが取り組むこと」。気候変動の「緩和」と「適応」のソリューションとして製品・技術・コンセプトを幅広く展示しました。
    積水化学グループは、グループビジョンの中で「地球環境の向上」および「世界のひとびとのくらしの向上」、すなわちSDGsで提唱されている課題解決に対して、本業である事業を通じて貢献していくことを宣言しています。今後も持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞

    No.65

    ESG

    地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞

    No.65

    ESG

    地球温暖化防止活動環境大臣表彰受賞

    住宅カンパニーでは、環境問題及び社会課題の解決や、盤石な経営基盤の構築を事業の成長力として位置づけ、ESG経営を推進しており、カンパニーブランド「セキスイハイム」において、環境に優しく、経済性と災害時の安心を両立させた商品を提供するべく「エネルギー自給自足型住宅」の開発・普及に努めています。
    今回、この「『エネルギー自給自足型住宅』の開発・普及」の取り組みが評価され、地球温暖化防止活動環境大臣表彰の受賞となりました。『エネルギー自給自足型住宅』とは、大容量PVで発電した電気を蓄電システム(蓄電池や電気自動車など)に貯めて、効率よく使うことで、再生可能エネルギーだけで暮らすことを目指した住まいのことです。
    また積水化学グループは、セキスイハイムにお住まいのお客様向けに、電力“買売”サービス「スマートハイムでんき」を開始。再生可能エネルギーのさらなる普及をリードし、SDGsで提唱されているさまざまな目標に取り組み、課題解決への貢献を目指します。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「クイーンズ駅伝2019 in 宮城」に出場しました

    No.64

    ESG

    「クイーンズ駅伝2019 in 宮城」に出場しました

    No.64

    ESG

    「クイーンズ駅伝2019 in 宮城」に出場しました

    積水化学女子陸上競技部「セキスイフェアリーズ」は、プリンセス駅伝(女子駅伝全国統一予選会)で、選手全員が粘りきり、見事、初優勝で予選突破! 11月24日に行われたクイーンズ駅伝2019(第39回全日本実業団対抗女子駅伝)に挑みました。チーム一丸となって、来年度大会のシード権(8位以内)獲得を目指しましたが、結果は総合9位でゴール。昨年度(総合10位)より一歩前進も、惜しくもシード権獲得はなりませんでしたが、チームはまた次回に向けてチャレンジを続けます。
    セキスイフェアリーズに、たくさんのご声援をいただきありがとうございました。今後もさらなる飛躍を目指し、陸上スポーツを通して社会に貢献していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「IR優良企業特別賞」を受賞

    No.63

    ESG

    「IR優良企業特別賞」を受賞

    No.63

    ESG

    「IR優良企業特別賞」を受賞

    積水化学は、日本IR協議会主催の『IR優良企業賞2019』において「IR優良企業特別賞」を受賞しました。
    2018年には、長期にわたる高いレベルでの総合的なIR活動の継続、適切な情報開示と建設的な対話に向けての取り組みが安定的に評価され、「日本IR協議会設立25周年記念表彰・特別賞」を受賞しています。
    積水化学グループは、「際立つ」加工技術をベースにプラスチック素材や医療関連、都市インフラからユニット住宅まで広範囲におよぶ事業群をグローバルに展開。技術や強みを“融合”させ、ESG視点でSDGsを中心に世界の社会課題解決に向けた取り組みを強化しています。
    IRにおいては、適切で透明性の高い情報開示、丁寧な説明で経営戦略を伝える一貫した活動を今後も継続し、ステークホルダーエンゲージメントのさらなる向上に努めていきます。

    Exhibited in EcoPro 2019

View All Challenges


History

積水化学グループのあゆみ

1947年3月3日、当時の日本を代表する総合化学品メーカーであった日窒コンツェルン中核企業の若き人材たちにより、積水化学工業の前身「積水産業株式会社」が誕生しました。

View History

Advertisements

キャッチフレーズやスローガン、企業広告の変遷を振り返り、世の中に新しい変化をもたらしてきた積水化学グループの歴史をひもといていきます。

View Advertisement