For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Global Environment

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Global Environment

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving The Lives Of People Around The Globe

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving Extend Healthy Life

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

For The People,For The Earth 世界のひとびとのくらしと地球環境向上のために

Improving Build And Promote More Resilient Infrastructure

積水化学グループは持続可能な地球の実現への貢献をさらに加速していきます。

Scroll

Our Story

~The Next Future of SEKISUI~

積水化学グループは、1947年の創業以来、住宅、医療、自動車、エレクロニクス、インフラなどの分野で、世の中にはまだない際立つ技術や製品を創造し、社会とともに成長してきました。そして、100年経っても存在感のある企業グループであり続けるために、これからも革新と先進に挑み続けます。

Global 100 Most Sustainable Corporations in the World

積水化学工業は、世界で最も持続可能性の高い100社「2020 Global 100 Most Sustainable Corporations in the World index(Global 100)」に選出されました。選出は3年連続5回目となります。
Global 100は、コーポレートナイツ社が、世界のあらゆる業界の大企業を対象に、環境・社会・ガバナンス(E/S/G)などの観点から持続可能性を評価し、上位100社を選出。積水化学工業は、クリーンレベニュー(環境貢献度・社会貢献度の高い製品・サービスの販売によって得た収益)、資源・廃棄物等の管理、イノベーション能力、安全、従業員の定着率などの項目で高い評価を受けました。

View Our Story


Video

SEKISUI CHEMICAL Group Video

SEKISUI CHEMICAL Group
Throughout the World

積水化学グループは、50年以上前に海外進出を果たして以降、
際立つ技術と製品でグローバルに事業展開し、成長を続けています。

※2020年3月期連結ベース
※アジア地域の数値に日本は含みません。

  • 北米 拠点数11
  • その他(豪州、中南米など)拠点数8
  • 欧州 拠点数18
  • アジア 拠点数46

SEKISUI
Challenge

未来への挑戦のとびらをひらく

  • 欧州における放熱材料工場の稼働開始

    No.79

    Products

    欧州における放熱材料工場の稼働開始

    No.79

    Products

    欧州における放熱材料工場の稼働開始

    積水ポリマテックは、オランダ新工場において、EV(電気自動車)等環境対応車向けの放熱材料の量産を2020年10月より開始します。新工場は、積水ポリマテック子会社のSEKISUI POLYMATECH EUROPE B.V.(2018年設立)の工場です。まずは、リチウムイオン電池に需要の大きいグリス状(半液状)の放熱材料を主力商材として生産を開始。数年内には、5G基地局向けシート状製品の生産の立ち上げを検討しています。積水ポリマテックは、日本・タイ・中国の工場と合わせ、国内外4拠点での放熱材料生産体制が整い、この体制をベースに、2022年度の放熱材料事業の売上高100億円を計画しています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 開発研究所にイノベーションセンターを開設

    No.78

    Products

    開発研究所にイノベーションセンターを開設

    No.78

    Products

    開発研究所にイノベーションセンターを開設

    高機能プラスチックスカンパニーは、主要研究開発拠点である開発研究所(1961年建設)内に水無瀬イノベーションセンター(MIC)を開設しました。同カンパニーのエレクトロニクス・モビリティ・住インフラ材の3つの戦略分野は、通信業界における5Gの普及、自動車業界の自動運転を含むCASEの進展など、通信や自動車業界の変容に伴い、各分野を横断した人や情報の融合がイノベーション創出のために重要となっています。MICは、社内外のオープンイノベーションの拠点として、お客様との意見交換や各戦略分野の社員間の交流を促すレイアウトとなっており、その活用により、社内外の融合を促進し、社会課題解決と当社グループおよび高機能プラスチックスカンパニーの成長に資するイノベーションの創出を推進していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「医療事業」の拡大

    No.77

    Products

    「医療事業」の拡大

    No.77

    Products

    「医療事業」の拡大

    積水化学工業は、医薬品業界の多様化・高コスト化に対応するため、メディカル事業の国内外主力の2工場に総額約60億円を投じ、医薬品原料の生産設備を増強することを決定しました。国内では子会社の積水メディカルの岩手工場に中間体製造棟の新設。国外ではSEKISUI DIAGNOSTICS (UK) の英国工場に微生物タンパク質培養・精製室を新設します。両工場共に、医薬品の製造および品質管理基準であるGMP(Good Manufacturing Practice:原料を含む医薬品の製造環境に関する規制)に準拠した生産設備で、医薬品原料・原薬の開発・製造が可能になります。今回の増強により、各種医薬品の原料・原薬の受託製造を行う体制を整え、「医療事業」を強化し、ライフサイエンス分野のさらなる拡大に注力していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 新たな環境長期ビジョンおよび環境中期計画を策定

    No.76

    ESG

    新たな環境長期ビジョンおよび環境中期計画を策定

    No.76

    ESG

    新たな環境長期ビジョンおよび環境中期計画を策定

    積水化学工業は、2050年を見据えた新環境長期ビジョン“SEKISUI 環境サステナブルビジョン 2050”を策定、環境課題を「気候変動」「資源枯渇」「水リスク」とし、それぞれの方向性や目標を設定しました。また、2050年の目指す姿からバックキャストし、中間目標を設定した新環境中期計画“SEKISUI 環境サステナブルプランAccelerateⅡ”(2020~2022年度)も策定しました。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 国際イニシアチブ「RE100」に加盟

    No.75

    ESG

    国際イニシアチブ「RE100」に加盟

    No.75

    ESG

    国際イニシアチブ「RE100」に加盟

    積水化学工業は、事業活動で使用する電力を100%再生可能エネルギーにすることを目指す国際イニシアチブ「RE100」に加盟しました。今年度策定した新環境中期経営計画「SEKISUI環境サステナブルプランAccelerateⅡ」(2020~2022年度)で取り組んでいく重要課題の一つが気候変動です。2030年度までに購入電力を100%再エネに転換し、2050年度までには事業活動におけるコージェネレーション自家発電システムを含む全エネルギーにおいて、温室効果ガス排出量ゼロの達成を目指しています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    No.74

    ESG

    CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    No.74

    ESG

    CSRサイトを2020年度版に改訂しました

    積水化学グループは、住宅、社会インフラ、車輌、エレクトロニクス、医療などさまざまな分野の事業を通じて社会的価値を創造してきました。本年度からはイノベーションによる持続的成長を続けるために、長期ビジョン“Vision 2030”と中期経営計画“Drive 2022”をスタートし、ESG経営を軸に現有事業の拡大と新領域への挑戦に取り組んでいます。
    CSRサイトでは、積水化学グループが果たすべき社会的責任と、社会課題解決への貢献に向けて行っているさまざまな取り組みをご紹介しています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    No.73

    ESG

    第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    No.73

    ESG

    第2回「プラチナキャリア・アワード」で最優秀賞を受賞

    積水化学工業は第2回「プラチナキャリア・アワード」(主催:東洋経済新報社、後援:厚生労働省、(株)東京証券取引所)にて、最優秀賞を受賞しました。プラチナキャリア・アワードは、長期的な視点、自律的な学び、社会への貢献の3つの視点でキャリア形成を支援する企業が表彰されます。
    人生100年時代といわれるなか、当社は、「従業員は社会からお預かりした貴重な財産」との考え方に基づき、人材育成の主体は従業員本人自身であることが重要だと考え、今後のキャリア形成を自分で考える機会を提供するキャリアプラン研修を2001年度から年代別に実施しています。今後も従業員一人ひとりがいきいきと活躍できる風土の醸成を推進していきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    No.72

    ESG

    「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    No.72

    ESG

    「あさかリードタウン」がABINC ADVANCE認証を単独の企業グループで初取得

    積水化学グループが「SEKISUI Safe&Sound Project」として開発を行っている複合大規模タウン「あさかリードタウン」で、単独のグループ企業として初めてABINC ADVANCE認証を取得しました。(東京セキスイハイム(株)の戸建分譲街区において同認証を2018年に取得済)
    ABINC ADVANCE認証とは、(一社)いきもの共生事業推進協議会がエリア全体で実施される、生物多様性保全を通じたサステナブルの地域・まちの実現や、SDGsの達成を目指す民間セクターの貢献を評価する新たなシステムです。
    今後もESGを経営戦略の中心に置き、事業と一体となった取り組みを進めていきます。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    No.71

    Brands

    企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    No.71

    Brands

    企業紹介映像「SEKISUI TODAY 2020」を公開しました

    積水化学グループは、新たに10年先の長期ビジョン“Vision 2030”の実現に向け、中期経営計画「Drive 2022」を始動させました。ESG経営の成長をさらに加速させ、また、基幹事業領域(レジデンシャル、アドバンストライフライン、イノベ―ティブモビリティ、ライフサイエンス)における製品やサービスを創り出し、提供していくことで、社会課題解決の貢献拡大を目指します。

    映像はFullバージョンとテーマごとに分かれた分割バージョンとなっています。
    どうぞ新しい積水化学グループのSEKISUI TODAYをご覧ください。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    No.70

    ESG

    2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    No.70

    ESG

    2019年度「なでしこ銘柄」に選定

    2019年度の「なでしこ銘柄」に選定されました。(2016年度、2017年度に続き、3度目の選定)
    積水化学は、「従業員は社会からお預かりした貴重な財産」との考え方に基づき、多様な人材の活躍、働きがいのある職場づくりに取り組んでいます。そのなかで、女性活躍推進は2007年度から取り組みを開始し、2015年度からは、ダイバーシティマネジメント方針を定め、女性活躍推進をファーストステップとしたダイバーシティ経営を積水化学グループ全体で展開しています。今後も、100年経っても存在感のある企業グループであり続けるために、さらなるダイバーシティ推進に取り組んでいきます。
    ※「なでしこ銘柄」は、経済産業省と東京証券取引所が「女性活躍推進」に優れた上場企業を「中長期の企業価値向上」を重視する投資家にとって魅力ある銘柄として紹介することを通じ、企業への投資を促進し、各社の取組の加速化を図るもので、2012年度から実施されています。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • 札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    No.69

    Products

    札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    No.69

    Products

    札幌市豊平区平岸地区で複合型まちづくりへ

    積水化学グループは、取り組むべき社会課題の領域を「住・社会のインフラ創造」と「ケミカルソリューション」に定め、ESGを経営戦略の中心に置き、事業と一体となった取り組みを進めています。
    今回、株式会社長谷工不動産と共に、札幌市豊平区平岸地区を取得し、「SEKISUI Safe&Sound Project」として、災害に強いサステナブルなまちづくり「札幌平岸リードタウン(仮称)」の開発に着手しました。
    積水化学グループが手掛ける「SEKISUI Safe&Sound Project」が目指すのは、グループの総合力を結集し、地域と社会課題解決に貢献する複合大規模タウンのまちづくり。「札幌平岸リードタウン」では、積水化学グループの製品・サービスを幅広く採用し、コンセプトに掲げる「Safe&Sound:安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまち」の実現を図ります。

    Exhibited in EcoPro 2019
  • サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    No.68

    Products

    サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    No.68

    Products

    サーキュラーエコノミーの取り組みで住友化学と協力

    “ごみ”をまるごとエタノールに変換する生産技術の開発に成功した積水化学と、ポリオレフィンの製造に関する技術・ノウハウを有する住友化学が、“ごみ” を原料としてポリオレフィンを製造する技術の社会実装に向けて協力関係を構築することに合意しました。
    それぞれ2022年度から試験的な生産を開始し、2025年度には本格上市を目指します。
    両社の協力によって、エタノールから身近なプラスチックなどの有機化学素材を生み出すことで、“ごみ”を原料としてポリオレフィンを製造するサーキュラーエコノミーを確立。新たな化石資源の使用量を削減すると同時に、ごみ焼却時に発生するCO2排出量や廃プラスチックを削減することで、持続可能な社会の構築に貢献していきたいと考えています。

    Exhibited in EcoPro 2019

View All Challenges


History

積水化学グループのあゆみ

1947年3月3日、当時の日本を代表する総合化学品メーカーであった日窒コンツェルン中核企業の若き人材たちにより、積水化学工業の前身「積水産業株式会社」が誕生しました。

View History

Advertisements

キャッチフレーズやスローガン、企業広告の変遷を振り返り、世の中に新しい変化をもたらしてきた積水化学グループの歴史をひもといていきます。

View Advertisement