エネルギー自給自足の住宅

積水化学は1997年からセキスイハイムに太陽光発電システムの搭載を本格的に開始。住宅業界で最も早く環境問題に取り組んできたメーカーのひとつです。

V to Heimシリーズ 

2003年、高気密・高断熱性能、太陽光発電システムに、省エネルギー設備を組み合わせた「光熱費ゼロハイム」を発売。2011年にはコンサルティング型HEMS「スマートハイム・ナビ」を標準搭載した「スマートハイム」を発売しました。以降、大容量太陽光発電システム、定置型リチウムイオン蓄電池「e‐Pocket(イー・ポケット)」、コンサルティング型HEMS「スマートハイム・ナビ」の3点セットを標準搭載した「進・スマートハイム」、実邸規模の建物でエネルギー収支ゼロを実現する「スマートパワーステーション」などを発売し、住宅における創エネ、蓄エネ、省エネを可能にしました。

電気を「創る」「貯める」「使う」

2014年以降は、住宅の「エネルギー自給自足」を可能とするための革新技術として、業界で初めて電気自動車と系統連系し、住宅と車の間で電力のやりとりを可能にする「V2H(Vehicle to Home)システム」を搭載した「V to Heimシリーズ」を展開しています。

セキスイハイムについて