HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > 第36回全日本実業団対抗女子駅伝 クィーンズ駅伝 in 宮城

競技会の結果

2016年11月

第36回全日本実業団対抗女子駅伝 クィーンズ駅伝 in 宮城

開催:2016年11月27日(日)  会場/開催地:宮城・松島町文化観光交流館前 12時15分スタート~仙台市陸上競技場ゴール
(6区間 42.195㎞)

セキスイフェアリーズは第10位でゴール


  残念ながら8位までに与えられる来年度大会のシード権を獲得することができませんでした。当日、沿道や競技場で、またテレビなどを通じて、全ての区間でセキスイフェアリーズの選手へ大きく力強いご声援をいただきました。ありがとうございました。
  来年は、予選会からのチャレンジとなります。チーム一丸となってがんばってまいりますので、これからもセキスイフェアリーズをよろしくお願いします。


レース結果

【総合成績】

順位

チーム名

記録

10

積水化学

2時間17分36秒

【区間成績】

区間・距離

選手名

記録

区間順位

通過順位

1区・7.0k

森 智香子

22分10秒

7位

7位

2区・3.9k

山本 知世

12分55秒

13位

8位

3区・10.9k

松﨑 璃子

34分59秒

5位

7位

4区・3.6k

森 京香

11分54秒

14位

7位

5区・10.0k

桑原 彩

33分41秒

8位

7位

6区・6.795k

清水 裕子

22分27秒

17位

10位


【チーム総合成績】 出場22チーム(8位までが来年度大会のシード権を獲得)

順位

チーム名

記録

JP日本郵政グループ

2時間15分08秒

第一生命グループ

2時間15分21秒

ヤマダ電機

2時間16分08秒

九電工

2時間16分38秒

ワコール

2時間16分44秒

天満屋

2時間16分50秒

資生堂

2時間16分52秒

ユニバーサルエンターテインメント

2時間17分16秒

ホクレン

2時間17分18秒

10

積水化学

2時間17分36秒

11

デンソー

2時間18分00秒

12

しまむら

2時間18分30秒




競技写真

スタート

スタート



1区 森智香子選手

2区 山本選手

1区 森智香子選手

2区 山本選手



3区 松崎選手

4区 森京香選手

3区 松﨑選手 

4区 森京香選手


4区森京香選手、5区桑原選手

4区 森京香選手~5区 桑原選手



5区桑原選手

6区清水選手 

5区 桑原選手

6区 清水選手


ゴール清水選手

ゴール清水選手

ゴール 清水選手

 

積水化学グループ応援団とともに

 

選手コメント

森智香子選手

1区 森智香子選手

今回初めて1区を走りました。
上手くレース展開に乗っていくことができて、後半はチャレンジもできました。
タイムは区間記録タイだったので力は確実についてきてるなと実感できましたが、まだあと一歩力が足りませんでした。
個人としてもチームとしてももっと成長して来年しっかり勝負できるように1年間また頑張りたいと思います!
たくさんの応援ありがとうございました!



 

山本選手

2区 山本選手

今年の駅伝は私にとって引退レースとなりました。
1区が前の方で襷を繋いでくれたのですが、2つ順位を落としてしまい満足のいく結果を出すことができませんでしたが、ここまで一緒に練習をしたり、応援してくださった方々のおかげで駅伝のメンバーとしてスタートラインに立つことができました。
当日も沿道での応援がすごく力になり、今の私の全力を出しきれたと思えるレースでした。
来年は予選会からになりますが、今年の悔しさを糧に必ず活躍してくれると思うので、これからもセキスイフェアリーズの応援、宜しくお願い致します。


 

松崎選手

3区 松﨑選手

今回2年ぶりに3区を走らせていただきました。
前回走った時はエース区間の雰囲気にのまれ何もできずに終わってしまい苦い経験をしただけでしたが、今回は久しぶりに駅伝でギラギラしながら走れたかなぁ。と、自身の中でも納得のいくレースができました。
ラストに踏ん張れる走力だったり、区間上位の方々と戦える走力はまだまだ欠けている部分はありますが、今回をきっかけにまた1歩成長していけるようにこれからも善処していきたいと思います。来年は予選会からのスタートとなってしまいましたが、チーム一丸となって本戦へ帰ってきたいと思います!
現地での声援、たくさんの温かい応援メッセージ、本当にありがとうございました。

 

森京香選手

4区 森京香選手

今回初めての駅伝で、4区を走らせていただきました。
初めて走れる喜びと共に、ほどよい緊張感と、持っている力を全部出そうという意気込みでレースを走りました。
レースの結果などをみていると、周りの選手との差を凄く感じました。
積水化学には強い選手がいっぱいいるので、その選手の背中を追いかけてもっと安定感のある強いランナーになりたいと思いました。
また、レース中には沿道から沢山の応援をいただいて、とても頑張ることができました。本当にありがとうございました。
これからもセキスイフェアリーズの応援を宜しくお願い致します。

 

桑原選手

5区 桑原選手

今回の駅伝までを振り返ってみると、ここまで本当に上手くいかないことばかりですごくもがき苦しんだシーズンになりました。私を含め、春から夏にかけて調子が上がらず、思うように走れない選手がたくさんいました。でも全員この全日本の駅伝に向けて自分たちのできる精一杯のことをやってきました。私もこの駅伝を1つの目標にして少しずつ、駅伝に出れるぐらいまで調子を戻すことができました。ここまでいろいろなことがあって本当に濃い毎日だったからこそ、今日チーム全員で1つの目標に向かってこの駅伝を迎えることができたこと、スタートラインに立てたこと、試合に出場できたこと、本当に全てのことが楽しくて嬉しくてすごく楽しかったです。自分の結果を見てもチームの結果を見ても決して納得いく結果ではないですが、私は全員で同じ目標に向かってチームが1つにまとまれたことが本当に嬉しかったです。そしてきつい時にたくさんの方の応援がすごく背中を押してくれて力になりました。本当にありがとうございました。今回の結果をしっかり受け止め、また一から全員で上を目指していきたいと思います。この結果は、絶対に次のマラソンに生かしていきたいと思います!!本当にたくさんの応援ありがとうございました。これからも応援よろしくお願いします。

 

清水選手

6区 清水選手

今回、初めて駅伝のアンカーを走らせていただきました。
もらった順位を落としてしまいシード権を獲得することができず、自分の力のなさがとても悔しく、チームのみんなに申し訳ない気持ちでいっぱいです。
でも、何度も苦しくて離れそうになった時に、沿道からのたくさんの声援に励まされて、最後まで諦めずに今の自分の力を精一杯出すことができました。

自分は、今回の駅伝を最後に選手を引退することになりました。
大好きな駅伝を最後に走ることができてとても嬉しかったです。
今までずっと応援してくださった方々、支えてくださった方々に本当に感謝しています。本当にありがとうございました。

   

大会関連WEBサイト

日本実業団陸上競技連合サイト(女子駅伝)link

TBS番組公式サイト「クイーンズ駅伝2016」link

 

ページトップへ