HOME > 企業情報 > 女子陸上競技部 > 競技会の結果 > ペイトン・ジョーダン招待陸上2017

競技会の結果

2017年5月

ペイトン・ジョーダン招待陸上2017

開催:2017年5月5日(金)  会場/開催地:米国 カリフォルニア州・スタンフォード大学

レース結果

【女子3000mSC Section1】出場14名

着順

選手名

記録

11

森 智香子

10分12秒65

【女子5000m Section2】出場18名

着順

選手名

記録

尾西 美咲

15分31秒92

【女子5000m Section1】出場21名

着順

選手名

記録

松﨑 璃子

15分19秒91
(世界陸上参加標準記録突破)

松﨑選手が8月にロンドンで開催される世界陸上大会の参加標準記録を突破しました!
世界陸上大会出場の日本代表最終選考会は日本選手権(6月23日~25日・大阪)となり、女子5000mは「参加標準記録突破+日本選手権3位以内」が選考条件となります。

競技写真

3000mSC 森智香子選手

5000m 尾西選手

3000mSC 森智香子選手

5000m 尾西選手



5000m 松崎選手

5000m 松﨑選手


選手コメント

尾西選手

尾西 美咲選手

今回は冬場練習をしていなかったのもあり、現状確認の意味で試合に出させていただきました。
まだまだ課題ばかりですが、今の状態の中では合格点だったかなと思います。
日本選手権に合わせられるように、あと1ヶ月半しっかり集中して頑張ります。



 

 森智香子選手

森 智香子選手

今回2年ぶりにこのレースに出場させていただきました。
結果は思うようなタイムを出すことができず、先日の兵庫RCといい、上手く練習での
走りをレースに繋げられていないのが現状です。
日本選手権ではしっかり勝負できるよう、残りの1ヶ月半取り組んでいきたいと思い
ます!
応援ありがとうございました!

 

松崎選手

松﨑 璃子選手

今回、私は事前に1ヶ月間の陸連合宿をして、このレースに臨みました。合宿も順調に練習ができていたので好記録を狙うつもりでスタートしました。

レース自体は予想より少し遅い展開となってしまい、目標としていた記録には届きませんでしたが、しっかり世界陸上参加標準記録をクリアすることができました。
良かった点やもっと突き詰めていかなくてはいけない点をしっかり分析し、次の目標としている大会に向けて精進していきたいと思います。
応援ありがとうございました。

 

   

大会関連WEBサイト

2017 Payton Jordan Invitational(英文)link

 

ページトップへ