RESULT競技会の結果

  • 開催:2018年11月25日(日)
  • 会場/開催地:宮城・松島町文化観光交流館前 12時15分スタート~仙台市陸上競技場ゴール
    (6区間 42.195㎞)

2018年11月

クイーンズ駅伝in宮城 第38回全日本実業団対抗女子駅伝競走大会

セキスイフェアリーズは第10位でゴール

残念ながら、シード権(8位以内)獲得はなりませんでしたが、チーム一丸となり、襷を繋ぎました。
現地にて応援いただいた皆様、テレビを通じ応援いただきました皆様、本当にありがとうございました。
セキスイフェアリーズは、また次回に向けて、チャレンジを続けます。これからもどうぞよろしくお願いいたします。

RESULTSレース結果

【総合成績】

順位 チーム名 記録
10 積水化学 2時間19分18秒

【区間成績】

区間・距離 選手名 記録 区間順位 通過順位
1区・7.0k 佐藤 早也伽 22分26秒
2区・3.9k 宇田川 侑希 12分29秒
3区・10.9k 松﨑 璃子 36分03秒 11 10
4区・3.6k 野村 蒼 11分59秒 15 10
5区・10.0k 和田 優香里 34分09秒 17 10
6区・6.795k 森 智香子 22分12秒 11 10

【チーム総合成績】 出場22チーム(8位までが来年度大会のシード権を獲得)

順位 チーム名 記録
パナソニック 2時間15分22秒
天満屋 2時間16分19秒
ダイハツ 2時間16分32秒
ヤマダ電機 2時間16分35秒
ワコール 2時間16分52秒
豊田自動織機 2時間16分53秒
JP日本郵政グループ 2時間16分53秒
デンソー 2時間16分57秒
資生堂 2時間19分06秒
10 積水化学 2時間19分18秒

COMMENT選手コメント


1区 佐藤 早也伽選手

今年のクイーンズ駅伝は、1区を走りました。主要区間だったので不安はありましたが、流れをつくることを目標にしていました。途中、転倒というアクシデントがありましたが、落ち着いて走りに集中することができたので良かったです。5km手前で先頭集団と離れましたが、そこから粘り、集団で2区へつなげることができました。今の調子の中ではしっかり走れて、流れはつくれたと思います。
チームとしては、シード権を獲得することはできませんでしたが、来年につながる駅伝になったと思っています。 たくさんの応援ありがとうございました。今後も、よろしくお願い致します。


2区 宇田川 侑希選手

たくさんの力強い応援、本当にありがとうございました。実業団初の駅伝で2区を走らせて頂きました。自分にとって本当に久しぶりの駅伝で不安がとても多かったのですが、同じくらい楽しみな気持ちや応援の声の多さに、自分にしかできない走りを死ぬ気でしようと決めて走りました。走っていて辛くなった時、沿道の応援や支えてくれた人の顔が浮かんで、背中を押されました!
チームとしてはシード権獲得という目標には届きませんでしたが、トップレベルのチームと比較する事も改めてでき、まだまだ上がいるんだと痛感する事が出来ました。収穫のある結果だったと思うのでまたここから1年、次は皆笑顔の結果になるよう頑張って行きたいと思います。これからもセキスイフェアリーズの応援よろしくお願いします!ありがとうございました。


3区 松﨑 璃子選手

当日はたくさんのご声援ありがとうございました。新たな環境、新たな心境の中でこの駅伝をむかえ、自分の中で「今出せる最高を」と思いながらのレースでした。ここ1ヶ月の練習を振り返ると今出せる私の力はこれくらいなのだろうな、と走り終わり冷静になり改めて思いました。それでもエース区間を任される上で自分に求められてるものは高く、準備も含めそれに到達することが出来なかったことは自分の未熟さゆえのものだと思います。
環境の変化と共に結果の変化も現れるようにもう一度精進したいと思います。 これからもセキスイフェアリーズの応援よろしくお願いします。


4区 野村 蒼選手

今回、4区を走らせてもらいました。襷を受け取ってからは前だけを見て、できる限り追いつこうという思いで走りましたが力不足で、距離を縮めることができませんでした。でも自分の力を出し切れたこと、駅伝の楽しさを感じられたことはとても大きな経験となりました。また、日本のトップレベルの選手の走りを肌で感じ、自分も近づきたい、強くなりたいと思えた駅伝です。
まだまだ自分に足りない部分は沢山あるので 一つずつ克服していけるよう、日々の積み重ねを大切にして行きたいと思います。 今回も沢山の応援ありがとうございました。


5区 和田 優香里選手

この度はセキスイフェアリーズの応援ありがとうございました。2018年の駅伝が終わりました。チームでクイーンズ8を目標として活動をしてきて、10位という結果でした。クイーンズ8に入る厳しさを感じるレースとなりました。チームとして沢山の壁にぶつかった1年でしたが、チームを思いやるということを共有し、まとまりが出来てきたと思います。私自身も自分を見つめ直せたり、周りの環境への感謝の気持ちを強く持つことが出来ました。
個人としては、5区のトップの選手との力の差を知ることができ、少しの収穫と多くの課題を持ち帰ることが出来ました。まだまだ足りない部分ばかりで、地道な練習を重ねて差を埋めていくしかないと思います。ただ、今回5区を走らせて頂いたことはこれからに繋がる貴重な経験でした。この経験をこれからの練習に生かして、来年こそはクイーンズ8を勝ち取りたいと思います。
そして、いつも応援してくださっている方々や、支えてくださっている積水化学の関係者の方々に走りや結果で感謝の気持ちを表していけたらと思います。入社1年目からセキスイフェアリーズの一員として戦えたことを嬉しく思います。これからも人として、選手として、成長出来るよう精進して参りますので、応援していただけると嬉しいです。よろしくお願い致します。


6区 森 智香子選手

今回は私にとって久しぶりのレース、駅伝でした。 区間は3年前と同じ6区。 あのときの区間賞のタイムにはまだまだ及びませんが、襷をもらって3チーム並走という展開のなかしっかり我慢して最後のトラック勝負を勝ちきることができました。シード権には届きませんでしたが、最低限アンカーの役割りを果たすことはできたかなと思います。 今回の駅伝をきっかけにまたさらに上を目指して競技に打ち込んでいきたいと思います。 たくさんの応援ありがとうございました。