企業価値の最大化に向けた成長・収益を支える重要な経営資源として知的財産に取り組んでいます

基本姿勢

保護と尊重自社の知的財産を保護し、他者の知的財産を尊重します

研究開発活動の成果としての「知的財産」は、企業価値の最大化に向けて積水化学グループの成長・収益を支える重要な経営資源と考えています。そのために、自社事業を支える戦略的な知的財産の確保、取得した知的財産の維持管理に努めています。一方で、他者の知的財産を侵害しないよう適宜調査を行うとともに、他者の知的財産侵害に対する回避・予防策などの適切な措置をとっています。
また、このような活動を開発者一人ひとりが確実に実施するために、基礎知識の習得から戦略構築まで、開発者のレベルに合わせた複数の教育プログラムを用意し、全社で知的財産に対する教育活動を実施しています。

発明に対する正当な評価価値ある発明に対して適切な報奨金を支給しています

職務発明に対する各種報奨金の支給に加え、研究者・技術者への評価・処遇の一環として「発明大賞」制度を設けており、利益貢献の特に大きな職務発明に対しては、その発明者の功績に報いる報奨金を支給しています。2019年度は、遮熱中間膜に関する特許で1級認定がなされました。

マネジメント・アプローチ

知的財産の確保に向けて戦略的な知的財産活動を重視

積水化学グループでは、技術の「際立ち」を最大限に活かし事業へ貢献させるべく、知財情報や市場・競合情報等の分析(IPランドスケープ)による競争環境分析を起点とした戦略立てと知的財産のポートフォリオマネジメントなど、戦略的な知的財産活動を重視しています。

推進体制コーポレートとカンパニー各々に独立した知的財産部門を設立

当社グループではカンパニー制に対応し、カンパニーごとの事業環境に則した迅速な活動推進ができるよう、コーポレートとカンパニー各々に独立した知的財産部門を設けています。
各カンパニーでは、知的財産部門と事業部門、研究開発部門とが常時連携し、かつ定期的に経営層と知財活動について議論する場を設けることで、競合他社に対し排他性の高い知財網を構築する活動を実施しています。
コーポレートでは、全社共通の基本的知的財産戦略の企画・立案、商標の保全、知財教育、知財管理を担っています。加えて、コーポレートR&D のミッションである新規事業創出に対し、早い段階からIPランドスケープ分析に基づいた「圧倒的に勝ち切る、勝ち続けるための戦略知財活動」を推進しています。
このように、コーポレートと各カンパニーの知的財産部門が事業環境に則した戦略的知財活動を行いつつ、密接に連携して当社グループの知的財産構築に努めています。

パフォーマンス・データ
  • 6-040
  • 6-041
  • 特許出願件数

  • 特許保有件数