CSRの推進体制

企業価値向上に向けて、CSRをグループ全体で推進しています

CSR委員会・分科会体制経営トップと従業員代表が参画するCSR委員会

CSRを議論する場として「CSR 委員会」を設け、そのもとに「環境」「CS 品質」「人材」「安全」「コンプライアンス」の5 分科会を設置しています。
CSR 委員会は社長を委員長とし、専務執行役員、ESG 経営推進部担当、経営戦略部長を副委員長として、住宅カンパニー、環境・ライフラインカンパニー、高機能プラスチックスカンパニーの各プレジデント、コーポレートのR&D、CS 品質、人事部門の役員が委員として出席し、積水化学労働組合中央執行委員長を含む従業員代表3 人もメンバーに加わり、より良い審議・施策に結びつくよう努めています。
なお、CSR 委員会および各分科会は、それぞれ年に2 回開催しており、各分科会で報告された重要項目は、CSR 委員会にて精査され、取締役会にて報告・審議されます。

  • 2-011

CSR委員会・分科会体制