推進体制

「サステナブルな社会の実現」と「当社グループの持続的な成⻑」の両⽴の実現に向けて、ESG経営をグループ⼀体で推進しています。

サステナビリティ委員会、分科会

積水化学グループではESG経営をグループ一体で推進するにあたり、「サステナビリティ委員会」と、そのもとに「環境」「CS品質」「人材」「安全」「コンプライアンス」「サイバーセキュリティ」の6分科会を設置しています。
「サステナビリティ委員会」は社長を委員長、ESG経営推進部担当専務執行役員を副委員長とし、住宅カンパニー、環境・ライフラインカンパニー、高機能プラスチックスカンパニーの各プレジデントおよび積水化学労働組合中央執行委員長を含む従業員代表3人の委員で構成され、年2回開催しています。
「サステナビリティ委員会」では、将来当社グループが直面する可能性のある全社的なリスクや機会を抽出しマテリアリティを適宜見直すとともに、全社方針やKPIの決定、全社実行計画の策定および取り組み状況のモニタリングを行っています。ここで審議および決定された主要事項や全社リスクは取締役会にて報告・審議されます。
各分科会はコーポレートの担当役員を委員長とし、3カンパニーの担当役員および各カンパニー・コーポレートの主管部門長で構成され、年2回開催しています。
各分科会では、「サステナビリティ委員会」の決定内容に基づいたカンパニー別の具体施策立案と実行計画への落し込み、取り組み状況のモニタリングを行い、その結果を各分科会委員長が「サステナビリティ委員会」に参加して報告、審議を行っています。
2021年度からは、さらにESG経営をグループ一体で加速させていくため、マテリアリティのひとつであるDX(デジタル変革)を担う「DX分科会」を新設して7分科会体制に強化するとともに、各分科会委員にコーポレート傘下にあるメディカル事業の主管部門長を加えることとしています。一方、これまで従業員の意見を反映する目的で従業員代表3人をサステナビリティ委員会の委員としてきましたが、経営層と多様な従業員との意見交換会など、より幅広い声を活かせる運営に見直していく予定です。

  • 07-11
  • 07-12
  • サステナビリティ委員会・分科会体制(~2020年度)

  • サステナビリティ委員会・分科会体制(2021年度~)