次世代への環境保全活動「こども自然塾」

環境貢献に取り組む「人づくり」として世界各国で自然環境の保全活動を展開しています

主な取り組み

次世代への環境学習「こども自然塾」子ども達と身近な自然環境で生き物観察(群馬県伊勢崎市)

伊勢崎市にある東日本積水工業(本社工場)では、地元の下渕名六区健全育成会と連携して、子ども達が身近な生き物や自然環境の重要性について学ぶ「群馬こども自然塾」活動に取り組んでいます。

2018年10月、健全育成会の小学生と保護者を中心に、事業所従業員の家族も参加して、総勢50名で工場近隣の公園でネイチャーゲームや生き物観察を行いました。ネイチャーゲームで楽しみながら観察力と集中力を養い、トンボやカエルなど本物の生き物を発見・観察することでその生態について学びました。身近なところにも多様な生き物と自然環境が広がっていることを参加者みんなで共有し、有意義な体験ができました。

今後も、地域の子ども達と共に自然を体感できる学びの場をつくっていきたいと考えます。

  • 9-087
  • 9-088
  • 9-089
  • 9-090
  • ネイチャーゲームで自然観察力を磨く

  • 子ども達と一緒に生き物を発見