HOME > CSR経営 > 環境での際立ち  > セキスイエコバリューインデックス

セキスイエコバリューインデックス

環境効率は2007年度に対し3.14倍になりました

セキスイエコバリューインデックスは、環境経営の効率を測るための積水化学グループ独自の指標です。2013年度に2007年度の3倍にする目標に対して、2013年度は3.14倍になりました。

セキスイエコバリューインデックス

セキスイエコバリューインデックス算定結果の推移
グラフ

環境付加価値(金額換算)

環境付加価値(分子):環境貢献製品の売上高と製品・事業の外部経済効果の合計としています。外部経済効果とは、積水化学グループの製品がお客様や社会のもとで使用されたさいの環境負荷低減効果を金額換算したものです。

図

環境付加価値
グラフ

総合環境負荷(係数換算)

総合環境負荷(分母):それぞれ単位や環境影響の異なる環境負荷項目である、原材料やエネルギーの使用とそれにともなう廃棄物の埋立・焼却、大気・水域への排出を、JEPIXの統合化手法を用いて係数(エコポイント)に換算して合算したものです。

図

総合環境負荷(エコポイント)
グラフ
マテリアルバランス(国内)

マテリアルバランス(国内)

※ 一部の主要原材料は、事業戦略上、非開示としています。

ページトップへ