環境の保全

「生物多様性が保全された地球」の実現に向けて際立つ価値を提供し続けます。

マネジメント・アプローチ

基本的な考え方事業活動にともなう生物多様性への影響の低減

積水化学グループの事業活動は、生物多様性がもたらす数多くの自然の恵みを受ける一方で生態系への負荷を与えています。
当社グループは、2008年4月、「環境経営方針」に生物多様性に関する項目を追加するとともに、従来よりも限りある資源やエネルギーの効率的活用を推進し、温室効果ガスや有害化学物質などによる環境負荷の低減と汚染の防止に努めます。
2011年には生物多様性ガイドラインを策定し、事業活動における環境配慮と世界各地での環境保全活動という両面から自然環境を含む生物多様性の保全に取り組んでいます。

環境長期ビジョン生物多様性が保全された地球の実現に向けて

積水化学グループは、生物多様性が保全された地球の実現に貢献するために、環境長期ビジョン「SEKISUI環境サステナブル ビジョン2050」※1に基づき、取り組みを行っています。

SDGsでも謳われているように、自然環境や社会環境の課題はそれぞれにつながっており、ひとつの課題の解決を目指すために は複数の課題を認識し、働きかけを考える必要があります。

今後は、ステークホルダーとのパートナーシップを強化し、自然環境課題のみならず社会環境課題の解決を意識した活動へと進化し、自然資本だけでなく社会資本へのリターンにも貢献※2する活動を行っていきたいと考えています。

生物多様性アセスメント

積水化学グループでは、社長を委員長とするサステナビリティ委員会の下に設置された環境分科会において、年2回、事業活動に関する生物多様性およびその影響評価が審議されます。

なお、自社工場建設時等の大規模な土地開発やM&Aなどで新たな土地を取得した際には、自社の事業によって発生し得る大気・水域・土壌等への環境影響評価を実施しています。この環境影響評価の中で、生物多様性へのインパクトについても確認を行っています。

主な取り組み

持続可能な木材の利用とトレーサビリティの確保

積水化学グループでは、森林破壊の根絶と木材資源の持続可能な利用に貢献するために、製品に使用する木材は、FSC認証材など合法的に伐採された木材を使用しています。また、木材原料の伐採地域、樹種、数量など商流調査し、トレーサビリティを確保しています。再生材についても市場で使用済の木材・木質材料、または未利用の間伐材や末木枝条などを使用しています。

従来、トレーサビリティの調査は国内の生産事業所で製造に使われている木材・木質材料に限っていましたが、2020年度からは海外の事業所を含むグローバル全体での調査を行っています。

国内全生産事業所・研究所で緑地の質向上の取り組みを実施

事業所内で地域の動植物の生息環境を整え、地域と事業所を結ぶ生態系ネットワークを形成し、地域連携を活性化する目的で、事業所内の緑地の質を向上させる取り組みを推進しています。土地利用通信簿®を活用し、環境中期計画(2020-2022)の期間中での評価点を2019年度比3ポイント向上させることを目標にしています。2020年度は環境コンサルティング会社の株式会社地域環境計画の指導のもと、要注意外来生物を特定し、マニュアルを作成して駆除などした結果、平均得点が2019年度比で1.3ポイント上がりました。

外来種(植物)の駆除活動

私たちの周囲にはすでに多くの外来種が侵入し、定着しています。その中には、生態系に被害を及ぼす植物や、人体に被害を及ぼす植物もあります。一方で、環境悪化などにより個体数が減少した希少な植物もあります。

このような状況を踏まえ、積水化学グループでは2018年度から15の工場・事業所において、専門家の協力のもと、事業所内および周辺環境の外来植物・貴重植物などの調査を実施してきました。侵略性の高さや人への危害などの視点から駆除を行う外来種(植物)を選定し、適切な駆除方法やタイミング等を記載した対策マニュアルを整備しており、それを用いた現地確認を行っています。さらに、必要に応じて専門家から駆除についてのレクチャーを受けるなどしつつ、現在も継続的に駆除活動を実施しています。

事業所内でより良い環境を維持・創出するためには、外来種や保全種(貴重種)に着目し、生物多様性に配慮した緑地の管理を行うことが望まれます。

  • 11-107
  • 11-108
  • 11-109
    • 外来種調査の様子
      (中四国セキスイハイム工業)
    • 外来種駆除活動の様子
      (京都研究所)
    • 駆除対象種例
      オオキンケイギク

住宅事業における生物多様性の推進

セキスイハイムグループは分譲住宅事業において、まちの資産価値を維持・向上させることで、サステナブル・タウンのスキーム創成に取り組んでいます。
2020 年度は、「SEKISUI Safe&Sound Project」※1の複合大規模タウン「あさかリードタウン」において、単独の企業グループでは初めてABINC ADVANCE 認証施設※ 2として認定されました。なお、東京セキスイハイム(株)の「スマートハイムシティ朝霞」におけるまちづくりでは、ABINC 認証(2018 年度)を取得しています。「あさかリードタウン」では、サステナブルなまちづくりのための取り組みとして、生物多様性の観点から、まち全体に地域の在来種を中心とする豊富な植栽を施し、高い緑被率を実現しています。さらに災害に強いインフラ設備の採用や緑地の保水能力の活用により、豪雨被害の抑制を図っています。また、緑地を介した地域コミュニティの活性化のためにさまざまなイベントの実施を予定しており、例えば、多世代が参加できる生き物や植物等の観察会や、生き物を呼ぶ木や植物を増やすことを目的とした住民による植樹、地域固有の在来種の鳥類を呼ぶ巣箱の制作・設置、河原の清掃活動などがあります。各種イベントは、グループ会社が率先して実施する予定です。

  • ※1
    「Safe」「Sound」「Safe&Sound」の3つのコンセプトのもと、安心・安全で、環境にやさしく、サステナブルなまちづくりに取り組み、当社グループの総合力を発揮して、子どもから高齢者まで、住民が安全かつ快適に生活できるハード・ソフトを提供し、価値が続くサステナブルタウンの構築を図っています。
    <3つのコンセプトについて>
    Safe:安心・安全。「これまでにない安心を、いつでもどこでも感じられる」
    Sound:環境・快適。「住民同士が参加し、愉しみ、コミュニティを育む活気あるまち」
    Safe&Sound:サステナブル。「ずっと見守り、支えつづける」Safe&Sound=無事息災に
  • 11-110

  • ※2
    ABINC ADVANCE認証とは、一般社団法人いきもの共生事業推進協議会(ABINC=Association for Business Innovation in harmony with Nature andCommunity)が生物多様性保全を通じたサステナブルな地域・まちの実現や、SDGs の達成を目指す民間セクターの貢献を評価する認証システム。JBIB(一般社団法人企業と生物多様性イニシアティブ)が開発した、いきもの共生事業所®推進ガイドラインの考え方に沿って計画・管理され、かつ土地利用通信簿で基準点以上を満たし、当審査過程において認証された事業所が当認証を受けています。

  • 11-123
  • 11-124
  • 11-125
  • 11-126
  • 11-113
    • 植栽予定の植物
    • 「あさかリードタウン」完成予想図

外部との協働

生物多様性の保全を目指して行動する企業団体

積水化学は2013年に「一般社団法人企業と生物多様性イニシアチブ(JBIB: Japan Business Initiative for Biodiversity)」の会員となり、国内外の生物多様性の保全に貢献するために、多様な企業と共同で生物多様性に関する研究を進めるなど、さまざまな活動を推進しています。

事業緑地の環境保全活動

生産事業所・研究所の生態系の調査、生物多様性の保全、外来種の駆除など環境保全活動や地域の環境づくりについて、外部の環境コンサルティング会社のサポートを受けています。

環境保全活動

環境貢献に取り組む「人づくり」として、国内外の各拠点において、自治体、学術機関、学校、NGO、NPO などと協力して、世界各国で自然環境の保全活動を展開しています。

パフォーマンス・データ

土地利用通信簿®の結果

2020年度
土地利用通信簿® 1.3ポイントアップ
指標 算定方法
土地利用通信簿®のポイント 土地利用通信簿®とは企業保有地の生物多様性貢献度評価を目的にした、いきもの共生事業所®推進ツールで、事業所ごとに 緑地の面積や質、管理体制などについて100点満点で評価するシート。
事業所ごとに土地利用通信簿®を用いて当該年度評価を行い、2019年度時点でのポイント数からの増加分を計算。ポイント増加分の全事業所平均値を指標とする