積水化学工業株式会社ロゴ 新卒採用サイト  

住まいづくりの 立役者

福山 杏奈

FUKUYAMA ANNA

住宅カンパニー 研究開発・製品開発 / 生活科学部 居住環境学科 / 2012年入社

SECTION:01

現在所属する部署の内容と主な仕事内容について教えてください。

ツーユーホームの新商品の開発設計をしています。開発設計の主な内容は、ユニットを構成するパーツの設計です。自ら設計したものが工場で量産され、全国のお客様のもとに届くため、その品質を保証すべく様々な確認を行います。具体的には、使用する部材の耐久性、現地で組み合わせたときの構造や防水性能などです。また既存の商品に対しても、付加価値を増やしたり、価格を下げるなど、魅力を向上させます。その他にも、実際にお客様の住まいを提案するセキスイハイム各社からの問合せに対する回答や、工場での組立をする際の作業性、現地での施工性及び品質向上に取り組んでいます。直接お客様に接する機会はあまり有りませんが、このように関連部署との連携を図ることで、より高品質でお客様のご要望に近い住まいづくりの追求に努めています。

SECTION:02

仕事の面白みや、やりがいについて教えてください。

私は現在、玄関周り(主に庇)を担当しています。玄関周りは、帰宅・訪問等で必ず目にするものであり、一番最初に目に飛び込んでくる部分です。従って、性能上の品質はもちろんのこと、外観品質や空間性も考慮して設計します。敷地形状、アプローチ方向、間取り、全体的な外観のバランスといった条件によって必要となる庇も変わるため、あらゆるパターンで考察します。玄関庇下の空間について新しい利用方法も考えました。各構成部材の選定において様々なメーカーと商談を繰り返すため、性能知識、コスト感覚、デザインセンスに加え、コミュニケーション能力も求められます。たかが庇、されど庇。とても奥が深いなと感じました。また、自分が手掛けた商品がCMで流れたときや、実際にお客様の家で採用して頂いているのをみるととても感慨深く、やりがいを感じる瞬間です。

SECTION:03

積水化学を志望された理由を教えてください。

「快適な家づくりを実現させる技術力があり、更に女性が活躍できそうな会社」だから積水化学に入社しました。心理的な快適さ(居心地の良さなど)は設計者のデザイン力にかかっています。しかし、物理的な快適さ(寒冷地でも家の中は暖かく、都会でも家の中は空気がきれいなど)は技術によって得られるものだと思います。私は大学時代、居住環境学科で建物ではなくヒトが主役の空間づくりについて学び、ヒトにとっての快適さとは何かを考えてきました。快適な住宅づくりに真摯に取り組み、かつそれを実現する技術力を持った会社の中で自分の設計によって、物理的にも心理的にも快適な暮らしを提供したいと思ったため積水化学を志望しました。また、女性の活躍推進に力を入れており、結婚・出産後も働き続けられることも理由の1つです。家事・育児を経験するほど暮らし方の提案の幅が広がり、自分の強みが増えていくそんな働き方をしたいと考えています。

SECTION:04

就職活動生へ向けたメッセージをお願いします。

積水化学はユニット工法による工業化住宅や、スマートハウスを先駆けて販売している会社です。そのパイオニア精神を引き継ぎこれから先の時代の住宅を考えるにあたって、私たちのような若い人、また女性の発想や提案がもっと必要になると考えています。ぜひ一緒に新しい時代の住宅を作りましょう。皆さんと働ける日を心よりお待ちしています。

SCHEDULE 1日の流れ

18:30