積水化学グループの理念体系は、企業活動の根底にある考え方や方針を示す「社是」、「社是」をうけて中長期でグループが目指す姿を示した「グループビジョン」、そしてグループビジョンを実現していくための具体的な「経営戦略(中期経営計画、CSR等)」によって構成されます。
この”理念体系”のもと、グループ従業員が一丸となって社会課題に取り組むことで、100年経っても存在感のある企業グループであり続けることを目指しています。

理念体系

理念体系の構成

社是-3S精神

積水化学グループが関わる多様なステークホルダーの期待に応え、事業を通じて社会へ貢献することを、社是「3S精神(Service、Speed、Superiority)」として掲げています。

  • Serviceサービス

    企業活動を通じて
    社会的価値を創造する

  • Speedスピード

    積水を千仭の谿に決する
    スピードをもって市場を変革する

  • Superiorityスペリオリティ

    際立つ技術と品質で
    社会からの信頼を獲得する

グループビジョン

積水化学グループは、際立つ技術と品質により、
「住・社会のインフラ創造」と「ケミカルソリューション」の
フロンティアを開拓し続け、
世界のひとびとのくらしと地球環境の向上に貢献します。

長期ビジョン

長期ビジョン「Vision 2030」では、「Innovation for the Earth」をビジョンステートメントとして掲げます。積水化学グループがイノベーションを起こし続けることにより、「サステナブルな社会の実現に向けて、LIFEの基盤を支え、“未来につづく安心”を創造していく」という強い意志を込めています。

ビジョンステートメント Innovation for the Earth

サステナブルな社会の実現に向けて、LIFEの基盤を支え、“未来につづく安心”を創造します。

経営戦略(中期経営計画)

長期ビジョン「Vision 2030」の第一歩として、ESG経営の本格化による「経営の盤石化」と「次なる成長へ仕込みの加速」を狙い、新中期経営計画「Drive 2022」を策定しました。

方針

Vision2030の実現に向け、持続可能な「成長」・「改革」・「仕込み」に”Drive”をかける

基本戦略

  • ESG経営を実践し、持続的に企業価値を向上させることのできる 企業体制を構築する
  • 長期Visionの第一歩として3つの”Drive”に取り組む
    • 現有事業 Drive① 成長と改革
    • 新事業 Drive② 長期への仕込み
    • 経営基盤 Drive③ ESG基盤強化
  • 融合・デジタル変革により加速

目標(2020年度)

売上高

12,200億円

営業利益

1,100億円

ROIC(投下資本利益率)

8.6%

ROE(自己資本利益率)

10.6%