成長の軌跡

積水化学グループの
成長の軌跡

積水化学グループは1947年3月、プラスチックの総合事業化を目的として、創業しました。
その後、わが国初のプラスチック自動射出成形事業を開始するなど、プラスチックスに関連する技術、製品を中心に
それまでにない事業に積極的に進出し、着実に事業を拡大してきました。

  • 1947

    プラスチックの総合的事業化を目的とし、積水産業株式会社として発足

  • 1948

    わが国最初のプラスチック自動射出成形事業を開始

  • 1952

    塩化ビニル管「エスロンパイプ」の本格製造開始

  • 1958

    合わせガラス用中間膜「S-LECフィルム」の事業を開始

  • 1962

    プラスチック製ゴミ容器「ポリペール」を全国的に展開し、ゴミ問題の解決に貢献

  • 1963

    日本の製造業として米国進出第1号 SEKISUI PLASTICS CORPORATION

  • 1971

    鉄骨系ユニット住宅「セキスイハイム」の販売を開始、住宅事業に本格進出

  • 1979

    製造から販売・サービスにわたる品質管理の最高栄誉賞「デミング賞実施賞」受賞

  • 1997

    業界に先駆けて、太陽光発電搭載住宅の本格販売開始

  • 2001

    社内カンパニー制を導入

  • 2006

    第一化学薬品株式会社(現:積水メディカル株式会社)を買収し、新会社を設立

  • 2013

    タイにユニット住宅量産工場を新設