IRポリシー

情報開示に関する基本方針

積水化学グループ(以下、当社グループといいます)は、経営の透明性を確保し社会的責任を果たすために、また、株主の皆様はもとよりすべてのステークホルダーの当社グループに対する理解を深めていただくために、企業情報を公正かつ適時適切に開示します。
また、すべてのステークホルダーと積極的なコミュニケーションをはかり、当社グループにいただいた評価を適切に企業活動に反映させるよう努めます。

基本方針

当社グループは、企業情報開示理念に基づき、次の基本方針を定めます。

1.開示内容について

当社グループは会社法、金融商品取引法をはじめとする各種法令・規則等により開示が要請される情報はもとより、財務的・環境的・社会的側面から見て重要な企業情報、その他開示すべきと判断する企業情報についても、積極的に開示します。

2.開示体制について

当社グループは、企業情報の収集・管理および開示を統括する企業情報開示責任者を設置するとともに、開示方法ごとにその執行担当者を定めます。また、各組織に企業情報連絡責任者を設置し、開示対象情報を迅速かつ網羅的に収集する体制を整えます。

3.開示方法について

当社グループは企業情報の開示にあたり、プレスリリースの配信をはじめ、ホームページへの掲載、東京証券取引所が提供する適時開示情報伝達システムによる開示、投資家向け説明会の実施などの中から、より有効で先進的な手段を選択し、公平公正かつ適時適切に開示します。
尚、当社グループは「企業情報開示規則」を制定し、開示内容等の詳細について定めています。

IR活動の目的

当社グループは、IR活動の目的を誠実かつ公平な情報開示により、株主に対しての説明責任のみならず、投資家・アナリスト等を含めたステークホルダーの皆様への説明責任を充分に果たし、長期的な信頼関係を構築すること、いただいたご意見を経営の高度化に活用すること、また、建設的なコミュニケーションを通じて企業価値の向上に貢献することと考えています。

IR活動のスポークスパーソン

情報の正確性や開示の公平性を確保するために、当社が実施するIR活動は、原則として代表取締役社長、担当取締役、各カンパニープレジデントおよび経営戦略部IRグループをスポークスパーソンとしています。必要に応じて他の役員、従業員をその代理として委任することがあります。

沈黙期間の方針

当社グループは、決算情報の漏洩を防止し情報開示の公平性を確保するため、各四半期の終了日翌日から当該四半期(中間期・通期)の業績発表日までの期間を沈黙期間とし、この期間については決算に関するコメントや質問への回答を控えています。ただし、沈黙期間中に適時開示基準に該当する事項が発生した場合は、適時開示規則等に従って情報を開示いたします。