HOME > 新着情報 > 2018年 > 合わせガラス用中間膜の中国研究センターを上海に新設

合わせガラス用中間膜の中国研究センターを上海に新設

印刷用ページ 2018年4月18日

積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(社長:髙下 貞二、以下「当社」)の連結子会社で、合わせガラス用中間膜の製造・販売を行う積水中間膜(蘇州)有限公司(本社所在地:江蘇省蘇州市、董事総経理:張 俊、以下「積水中間膜蘇州」)は4月1日、上海市嘉定区にある上海国際汽車城のAUTO INNOVATION PARK内に、「中国研究センター」を新設しました。


  合わせガラス用中間膜は、自動車および建築物で使用される合わせガラス用フィルムです。一般的な中間膜は、ガラスが割れた際の飛散・貫通防止、紫外線カットなどの機能を有していますが、当社はさらに、遮音、遮熱、加飾および情報表示など、特殊な機能を付加した高機能中間膜の開発・拡販に注力しています。その結果、現在、自動車向けを中心に世界中で使用されています。

合わせガラス用中間膜


  昨年6月、合わせガラス用中間膜の「欧州研究センター」をオランダに設立し、産官学との連携・融合の強化を図り、EV化や自動運転化といった今後の自動車分野におけるトレンドを探索し、合わせガラスの高機能化や用途拡大による顧客へのソリューション提案を推進しています。

  世界最大の自動車市場となった中国でも、近年自動車の高機能化が急速に進んでおり、積水中間膜蘇州は、遮音中間膜やヘッドアップディスプレイ用のくさび形中間膜の生産設備を導入するなど、高まるニーズへの対応を進めてきました。今後は、新設する中国研究センターを通じて、急速な市場拡大が見込まれるEV向けなど、同国の自動車分野におけるトレンドやニーズにあった高機能中間膜による顧客へのソリューション提案や新製品の企画・開発を強化し、同国での中間膜事業のさらなる拡大を図ります。


<積水中間膜(蘇州)有限公司 中国研究センターの概要>

中国研究センター

・所在地:

上海市嘉定区安亭镇安拓路56弄

・業務内容:

自動車、建築用他合わせガラス用中間膜の先進技術及び、新製品の研究・企画

 

新着情報一覧へ戻る

ページトップへ