HOME > 新着情報 > 2018年 > オメガライナー工法が「第16回 環境・設備デザイン賞」にて最優秀賞を受賞

オメガライナー工法が「第16回 環境・設備デザイン賞」にて最優秀賞を受賞

印刷用ページ 2018年5月24日

積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(代表取締役社長:髙下 貞二)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:久保 肇)をはじめとする3社の共同開発技術である「オメガライナー工法」が、一般社団法人建築設備綜合協会主催の「第16回環境・設備デザイン賞」(Ⅰ部門 設備器具・システムデザイン部門)にて、最優秀賞を受賞しました。

  ※積水化学工業株式会社、東京都下水道サービス株式会社、足立建設工業株式会社の3社

 

  建築設備綜合協会は1938年5月創立、建築設備にかかわる技術課題の解決と発展に寄与することを目的とした組織です。「環境・設備デザイン賞」は、審美性などの「感性」に関する要素に焦点をあて、これに「機能性」「経済性」と環境問題も視野に入れた「社会性」を加えた4つの評価軸により、総合的かつ客観的に評価を行い、優秀な「環境・設備デザイン」を表彰するものです。

 

  オメガライナー工法は、形状記憶塩ビ管によって地面を掘り返さずに下水道管を更生する画期的な技術です。社会インフラの老朽化という喫緊の課題に対し、素材技術で高品質な更生を可能にした優れた技術であり、従来の開削による老朽化対策工事に比べ、大幅な工期短縮と費用の削減、さらにCO2の削減も図れるという点などが評価され、今回の受賞となりました。

 

  昨日、建築会館ホール(東京都港区)で開催された第80回定時総会において表彰式が行われました。


第16回環境・設備デザイン賞会場風景

第16回環境・設備デザイン賞表彰式授与

第16回環境・設備デザイン賞

第16回環境・設備デザイン賞

第16回環境・設備デザイン賞賞状


「オメガライナー工法」について

  老朽化した小口径下水管を非開削で再生する工法。形状記憶機能を持つ折りたたまれた硬質塩ビ管を管内に引き込み、蒸気で過熱するだけで円形へとスピード復元。圧縮空気で管内面で密着させて補強。安全で確実な管路更生を実現します。


「オメガライナー工法」について


「オメガライナー工法」詳細紹介ウェブサイト


・「下水道展‘18北九州」でオメガライナー工法も展示出展いたします

  7月24日(火)~27日(金)、西日本総合展示場(福岡県北九州市)にて開催

  http://www.gesuidouten.jp/


(ご参考)

一般社団法人建築設備綜合協会ウェブサイト

 

本件に関するお問い合わせ先

【報道関係のお客様】
 経営戦略部 広報グループ
  TEL:03-5521-0522
【一般のお客様】
 環境・ライフラインカンパニー 管路更生事業部
  TEL:03-5521-0756

新着情報一覧へ戻る

ページトップへ