インドで4拠点目の車輌内外装向け射出成型品工場を新設

2019年8月8日
積水化学工業株式会社
積水テクノ成型株式会社

  積水化学工業株式会社(代表取締役社長:髙下 貞二、以下「積水化学」)は、インド北西部のグジャラート州マンダルに、車輌内外装向け射出成型品の生産・販売を行う合弁会社SEKISUI DLJM MOLDING PRIVATE LIMITED(以下、「セキスイDLJMモールディング」)の第4工場を新設します。第4工場の新設にかかる投資額は約9億円、稼働は2020年4月を予定しています。
  積水化学の高機能プラスチックスカンパニー(プレジデント:清水 郁輔)は、戦略分野の一つである車輌・輸送分野において、射出成型事業を主要事業の一つと位置付けています。同事業の新興国市場でのビジネスの拡大を目指し、インドで2011年8月、現地企業Dipty Lal Judge Mal Private Limitedとの合弁でセキスイDLJMモールディングを設立し、事業を開始しました。以降、インドにおけるモータリゼーションの拡大を背景に事業規模が拡大してきましたが、今般、今後見込まれるさらなる需要増に対応するため、インド北西部で初となる工場を新設します。これにより、インドにおける生産能力を約20%増強し、事業拡大を図ります。
  なお、積水化学グループにおける事業主体は、積水化学の100%子会社である積水テクノ成型株式会社(代表取締役社長:山下 浩之、以下「積水テクノ成型」)が担当します。

第4工場の概要

1)生産品目:車輌(四輪・二輪)内外装向け射出成型品

2)規 模:敷地面積33,820㎡、工場延床面積1,660㎡

3)稼働時期:2020年4月予定

4)所 在 地:グジャラート州マンダル地区

事業目標

セキスイDLJMモールディングは、第4工場稼働の効果等により、2022年度に売上高90億円を目指します。

【ご参考①】合弁先(Dipty Lal Judge Mal Private Limited)の概要

会社名 Dipty Lal Judge Mal Private Limited
代表者 Dev Bhushan Jain (よみ:デブ・ブシャン・ジェイン)
事業内容 射出成型品の製造・販売(家電関連、車輌部品)                      
設立 1984年
資本金 45百万ルピー
従業員 520名(2019年4月1日現在)
売上高 60億円(2018年度)(※1ルピー=1.57円換算)

【ご参考②】積水テクノ成型の概要

会社名 積水テクノ成型株式会社
代表者 山下 浩之
事業内容 射出成型品の製造・販売(車輌部品、物流・環境・土木関連)
設立 1962年
資本金 2億円
本社 東京都港区西新橋2-6-2
従業員 155名(2019年4月1日現在)
売上高 178億円(2018年度、海外グループ会社2社含む)

【ご参考③】セキスイDLJMモールディング社の概要

会社名 SEKISUI DLJM MOLDING PRIVATE LIMITED
出資比率 積水化学:51%、Dipty Lal Judge Mal Private Limited:49%
事業内容 車輌向け射出成型品の製造・販売 ※主な生産品は下記写真ご参照
設立 2011年8月1日
資本金 1百万ルピー
本社 インド・デリー市
従業員 396名(2019年4月1日現在)
売上高 49億円(2018年度)(※1ルピー=1.57円換算)
生産拠点 3か所
  • Sekisui DLJM Molding Private Limited
    グレーターノイダ第1工場
    (ウッタル・プラデーシュ州)
  • Sekisui DLJM Molding Private Limited
    タプカラ第2工場
    (ラジャスタン州)
  • Sekisui DLJM Molding Private Limited
    チェンナイ第3工場
    (タミルナドゥ州)

※主な生産品:車輌内外装向け射出成型品(塗装・メッキ対応)

  • 車両内外装向け射出成型品
    四輪・内装部品
  • 車両内外装向け射出成型品
    外装メッキ部品
  • 車両内外装向け射出成型品
    四輪・外装部品
    (ランプハウジング)
  • 車両内外装向け射出成型品
    外装塗装部品
    (二輪・フロントフェンダー)

本件に関するお問い合わせ

  【報道関係のお客様】
    積水化学 広報部
    TEL:03-5521-0522 FAX:03-5521-0510

  【一般のお客様】
    積水テクノ成型 経営管理部
    TEL:03-5521-0738 FAX:03-5521-0739