「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞

2020年2月28日
積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(社長:髙下貞二※1、以下「当社」)は2020年2月26日、ESG金融の普及・拡大に向け環境省により2019年秋に新設された「ESGファイナンス・アワード・ジャパン(環境サステナブル企業※2部門)」において、銀賞(環境大臣賞)を受賞しました。

  「ESGファイナンス・アワード・ジャパン」は、2019年10月4日に環境省によりESG投資やサステナブルファイナンスの普及・拡大に向けて新設されました。サステナブルファイナンスの普及のためには、金融機関と投資対象となる企業双方の活動を促進する必要があると、「投資家部門」「融資部門」「金融サービス部門」「ボンド部門」に加え、金融環境アクションが先進的な企業を表彰する部門(環境サステナブル企業部門)も創設されています。

「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞

  当社グループは、グループビジョンに掲げる「世界のひとびとのくらしと地球環境の向上への貢献」を目指し、ESG視点で持続可能な経営基盤の構築を目指しています。ESG視点の中でも「E(環境)」については、環境長期ビジョン「SEKISUI環境サステナブルビジョン2030」のもと、気候変動、水リスク、資源循環、生態系劣化といった環境課題の解決に製品・事業を通じて貢献していくことで、“生物多様性が保全された地球”の実現を目指し活動を行っています。
  今回の表彰では、事業経営の中で長く環境貢献を価値創出のドライバーとしてきた歴史、環境課題解決を経営の根幹に据えている点、施策推進の明確な方針と着実な実践などが評価されました。特に従業員が通常の事業活動に邁進することによって社会価値の増大につながるモデルが構築できている点も受賞理由となっています。

  今後も環境課題の解決に向けて、取り組みを加速し、地球・社会のサステナビリテイ向上に貢献し、企業としてのサステナビリテイを向上させていきます。

  • 「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞
     
  • 「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞
  • 「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞

  • 「ESGファイナンス・アワード・ジャパン銀賞(環境大臣賞)」受賞
  • 2月26日ESGファイナンス・アワード 表彰式で
    代表取締役専務執行役員 ESG経営推進部担当、経営戦略部長 加藤敬太※1がスピーチ

  • ※1   ESGファイナンス・アワード 表彰式時(2020年2月26日時点)の役職。
    ※2  「環境サステナブル企業」とは、環境関連の重要な機会とリスクを、企業価値向上に向け経営戦略に取り込み、企業 価値にもつなげつつ環境への正の効果を生み出している企業。

    本件に関するお問い合わせ先

      【報道関係のお客様】
        広報部
        TEL:03-6748-6467 FAX:03-6748-6547

      【報道関係以外のお客様】
        ESG経営推進部
        TEL:03-6748-6455 FAX:03-6748-6544