2020年度 積水化学グループ新入社員の皆さんへの期待(訓示)

2020年4月1日
積水化学工業株式会社
代表取締役社長 加藤 敬太

  新入社員の皆さん、積水化学グループへの入社おめでとうございます。
  皆さんに心からのお祝いと歓迎の意を表します。
  今年はグループに800名以上の新入社員の皆さんを迎えることができ、大変嬉しく思います。
  新型コロナウイルスの感染拡大防止の観点から、グループ全体で一堂に会しての入社式を中止せざるを得ず残念ですが、新入社員の皆さんに私から期待することを3つお伝えします。


1.「際立ち」を身に付けよう

仕事に慣れる過程で、自分の強みや弱みを把握し、弱みを改善するとともに、「これだけは他の人に負けない」という強み・持ち味を際立たせてほしいと思います。「際立ち」とは当社グループがとても大事にしている概念です。この「際立ち」を身に付けることは、皆さんの自信と成長につながります。


2.困難は自分とチームの成長のもと

仕事に困難はつきものです。その困難をどうすれば克服できるのか、今の仕事のやり方でいいのかなど、いろいろ考え抜くことでひと回り大きくなれます。また、困難や問題を一人で抱え込む必要はなく、むしろ経験豊富な先輩や同僚とよくコミュニケーションをとってチームで解決策を考えることが、全体の成長につながります。そういう意味でも、一緒に入社した同期を大切にしてください。


3.約束を守る

「約束を守る」ことに徹底してこだわってください。私はこれまでの経験上、「この人は必ず約束を守る人だ」「約束を守る会社だ」という評価が結果を左右すると思っています。積水化学グループの一員として約束を守るということは、納期であったり、品質であったり、部署の目標であったりしますが、最後まで約束を守ろうという姿勢が、皆さん一人ひとりと会社の信頼、業容の拡大・発展にもつながります。


  今、世界は大変な混乱の中にありますが、困難や逆境の中でこそ発見し解決できる課題、変革に挑戦できるテーマもあると思っています。
  積水化学グループは、10年先の2030年を見つめた挑戦を始めます。新しい時代の主役として、新入社員の皆さんの挑戦と活躍、そして成長を心から楽しみにしています。

以上