圧力管路用のFRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売のお知らせ

2020年6月1日
積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤 敬太、以下 「当社」)の環境・ライフラインカンパニー(プレジデント:平居 義幸)は、FRPM管用の離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」を発売しました。

  「エスロンFTR-N曲管」は当社独自成形法のFRP製曲管継手で、業界初となるFRPM管用の離脱防止継手であり、簡単施工でスラストブロックレス配管を実現します。

FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売

※スラストブロックとは、圧力管路の曲管部等に水圧の不均衡等により発生する力(=スラスト力)で曲管等が抜け出そうとする力に抵抗するコンクリート構造物のことです。

1.背景

  当社は、強化プラスチック複合管(一般名称:FRPM管)「エスロンRCP」及び、同製品用の継手「エスロンFT-R形異形管」を製造・販売しています。
  これらの製品は、金属管等の他管種に比べた軽量性・施工性・耐腐食性・水理性・経済性等の特徴を生かし、農業用水や小水力発電などの圧力管路に多くの実績を有しております。さらに易施工や軟弱地盤対策等を狙いとしてこれらのニーズは益々強まっています。
  圧力管路の曲管部にはスラスト力が発生し、高いスラスト力が作用する場合はスラストブロックが必要となります。またスラストブロックの打設は掘削量が大きくなるため環境負荷が大きく、コンクリートの型枠組みや養生にも多大な時間を要するといったデメリットもあります。そこで当社は、エスロンRCPとエスロンFT-R形異形管の特徴を更に強化すべく、スラストブロックレス配管の実現が可能な離脱防止継手の開発に注力してきました。



2.「エスロンFTR-N曲管」の特徴

■簡単施工で離脱防止処理時間の大幅短縮(数日程度⇒3~5分程度/箇所)

FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売
FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売

  「エスロンFTR-N曲管」は従来同様に管を接合した後に、スラストブロックを打設することなく、SUSワイヤを挿入するだけで離脱防止処理が工具不要で簡単に完了します。



3.「エスロンFTR-N曲管」の製品概要

1)適用範囲

FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売
※埋設条件により異なります


2)構成部材と離脱防止構造

  ①「エスロンFTR-N曲管」、②SUSワイヤ、③RCP(離脱防止ゴム付)の3つの部材を組み合わせることで、離脱防止機能を発揮します。「エスロンFTR-N曲管」の受口部分には、SUSワイヤ挿入溝とSUSワイヤ挿入孔が設けられており、RCP(離脱防止ゴム付)の挿口部分には、離脱防止ゴムが接着されております。「エスロンFTR-N曲管」とRCP(離脱防止ゴム付)をレバーブロック等を用いて接合した後に、「エスロンFTR-N曲管」のSUSワイヤ挿入孔にSUSワイヤを挿入することで離脱防止処理が完了します。


FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売

FRP製離脱防止継手「エスロンFTR-N曲管」発売



4.事業目標

  「エスロンFTR-N曲管」の受注拡大を含め、2022年度に「エスロンRCP」関連事業の売上高50億円を目指します。



<ご参考>
エスロンタイムズ「FRP製異形管(離脱防止付き)エスロンFTR-N曲管

本件に関するお問い合わせ

  【報道関係のお客様】
    広報部
    TEL: 03-6748-6467

  【一般のお客様】
    環境・ライフラインカンパニー 管材事業部
    TEL:03-6748-6492


~業界初のFRPM管用離脱防止継手~