持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループ「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」に加盟

2020年12月9日
積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(社長:加藤敬太/以下、当社)は、持続可能な脱炭素社会の実現を目指す企業グループである「日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)」※1に賛助会員として加盟しました。

  当社グループは、2020年4月、2030年までの長期ビジョン「Vision2030」を策定し、「“Innovation for the Earth” サステナブルな社会の実現に向けて、LIFE の基盤を支え、“未来につづく安心”を創造する」ことをビジョンステートメントとして発表しました。このありたい姿の実現を目指し、ESG経営を中心においた革新と創造により、社会課題解決への貢献を拡大していきます。

  気候変動は大きな社会課題であり、この課題解決に資する取り組みを社会全体で加速していくために、当社グループは、2020年8月「RE100」に加盟しました※2。RE100の目標達成に向けて、「スマートハイムでんき」による余剰電力の国内工場活用や、徹底的な省エネおよび自家消費型再生可能エネルギー電源の導入による購入電力の削減を推進します。

  JCLP加盟を通じて、当社及び当社サプライチェーンの温室効果ガス排出量の削減を加速するとともに、会員企業との協働により、再生可能エネルギーの普及や持続可能な脱炭素社会の実現に貢献していきます。

※1) 日本気候リーダーズ・パートナーシップ(JCLP)
  脱炭素社会の実現には産業界が健全な危機感を持ち、積極的な行動を開始すべきであるという認識の下、2009年に日本独自の企業グループとして設立。幅広い業界から日本を代表する企業を含む158社(2020年11月末時点)が加盟。加盟企業の売上合計は約122兆円、総電力消費量は約50.8Twh(海外を含む参考値・概算値)。
  脱炭素社会の実現に向け、横浜市との包括連携協定の締結や、国際非営利組織であるThe Climate Group のローカルパートナーとしてRE100、EV100、EP100の普及窓口を務めるなど、自治体や海外機関との連携も進める。
  https://japan-clp.jp/

※2)  「国際イニシアチブ「RE100」に加盟」
(2020年8月27日公表)

本件に関するお問い合わせ

    広報部
    Email:kouhou@sekisui.com
    TEL:03-6748-6467 FAX:03-6748-6547