積水化学とArcelorMittalのカーボン・リサイクルに関するパートナーシップについて

2021年7月20日
積水化学工業株式会社
ArcelorMittal, S.A.

  積水化学工業株式会社(代表取締役社長:加藤 敬太、以下積水化学)とArcelorMittal, S.A.(代表者:Aditya Mittal、以下ArcelorMittal)は、製鉄の際に排出されるCO2を回収し再利用するプロジェクトに関するパートナーシップを締結しましたので、お知らせします。この取り組みは、化石資源への依存度を低減し、製鉄時の脱炭素化に貢献することが期待されます。

  鉄鋼産業では、製鉄工程におけるCO2の削減が長年の課題として存在してきました。今回のプロジェクトでは、製鉄の際に排出されるガスからCO2を分離・回収し、再利用するための技術開発に取り組みます。このカーボン・リサイクルのキーテクノロジーはCO2を高い収率で一酸化炭素に変換する積水化学の革新的な技術です。

  一酸化炭素は、世界中の化学産業で使用されている基本的な化学素材の一つですが、これまで、CO2から一酸化炭素を大量に生産することは困難でした。
  排出されたCO2を一酸化炭素含有率の高い合成ガス(一酸化炭素および水素の混合ガス)に変換し、得られた合成ガスを製鉄の際に鉄鉱石の還元剤として再利用することにより、製鉄に必要な化石資源量を低減します。

  まずは、アストゥリアス(スペイン)にあるArcelorMittalのR&Dラボで2021年から3年間にわたって本技術の初期検討を行い、その後、段階的にスケールアップしながら両社で実用化に向けた検討を進めていく予定です。本プロジェクトの投資額は190万米国ドル(約2.1億円)です。


積水化学の向井克典R&Dセンター所長のコメント

  「積水化学は、持続可能な社会の創造に向けて基礎技術を開発しています。その技術の一つである本技術が“Life to CO2(CO2に命を)”、すなわち製造業におけるCO2リサイクルの実現です。今回のArcelorMittalとの業界を超えたパートナーシップを通して、私たちは鉄鋼産業におけるCO2排出量の削減に貢献できると考えています」


ArcelorMittal のPinakin Chaubal CTOのコメント

  積水化学の技術は初期段階ではあるが興味深い技術であり、弊社がすでに取り組んでいる画期的な二酸化炭素回収・有効利用・貯留(CCUS)の技術と併用できます。鉄鋼製造において脱炭素化を実現するには複数技術の組み合せが必要であり、CCUSは重要な役割を果たすと考えています。この考え方は国際エネルギー機関(IEA)からも発信されており、彼らの最近のレポート’Net Zero by 2050’でも2050年までに鉄鋼製造の50%以上にCCUS技術が採用されると報告されています。

  ArcelorMittalは、2030年までにヨーロッパにおけるCO2排出量を30%削減し、2050年までにグループ全体でカーボンニュートラル鋼を生産することを目標としています。このため、ArcelorMittalはSmartCarbonとInnovative-DRI という2つの画期的なカーボンニュートラル技術への道筋を開拓しています。ArcelorMittalは、スマートカーボンの道筋の中で、炭素に富む製鉄廃棄物ガスをバイオエタノールに変換するゲント(ベルギー)での165百万ユーロのプロジェクトCarbalystや、製鉄プロセスからの廃棄物CO2と廃棄水素を回収し、それを合成ガスに変換して製鉄の際の化石資源の代わりに用いるダンケルク(フランス)での工業規模パイロットプロジェクトIGARなど、他の炭素回収・再利用技術をすでに開発・展開しています。


【ご参考】
積水化学について

  積水化学グループは、日本を拠点とする積水化学工業株式会社(TSE: 4204)とその子会社で構成されています。2020年度の売上高は1,056,560百万円でした。積水化学グループの従業員数は、20か国199社で26,577人を擁します。積水化学グループは現在、住宅、環境・ライフライン、高機能プラスチックス、メディカルの4分野を中心に事業を展開しており、合わせガラス用中間膜、発泡ポリオレフィン、導電性粒子をはじめとした世界トップシェア製品を有しています。1947年の創業以来、積水化学グループは、社会と環境への貢献に尽力してきました。昨今では、4年連続で「世界で最も持続可能性の高い100社」に選定されるなど、サステナビリティの取り組みにおいても高い評価を得ています。

  積水化学に関する詳しい情報は、https://www.sekisui.co.jp/ をご覧ください。


ArcelorMittalについて

  世界をリードする鉄鋼および鉱業会社であるArcelorMittalは、60か国で事業活動を行い、18か国に製鋼設備を有しています。2019年の売上高は706億ドル、粗鋼生産量は8,980万トン、鉄鉱石生産量は5,710万トンに達しました。ArcelorMittalの目標はスマート鉄鋼(SMART STEEL)により、より良い世界を築くことです。消費エネルギーが少ない革新的な工程により製造される鉄鋼は、CO2排出量とコストを大幅に削減します。よりクリーンでより強く、かつ再利用可能な鉄鋼。今世紀を通じて変容する社会を支える電気自動車や再生可能なエネルギー・インフラに向けた鉄鋼。鉄鋼をコアとして、独創的な社員と起業精神に富んだ文化によって、この変革を実現できるように世界を支えていきます。私たちは、これが将来の鉄鋼会社のあるべき姿であると考えています。ArcelorMittalは、ニューヨーク(MT)、アムステルダム(MT)、パリ(MT)、ルクセンブルク(MT)の証券取引所と、バルセロナ、ビルバオ、マドリード、バレンシア(MTS)のスペイン証券取引所に上場しています。ArcelorMittalに関する詳しい情報は、http://corporate.arcelormittal.com/をご覧ください。

本件に関するお問い合わせ

    積水化学 広報部
    Email: kouhou@sekisui.com

Contact information ArcelorMittal Investor Relations

    General: +44 20 7543 1128
    Retail: +44 20 3214 2893
    SRI: +44 20 3214 2801
    Bonds/Credit: +33 171 921 026
    E-mail: investor.relations@arcelormittal.com


Contact information ArcelorMittal Corporate Communications

    Paul Weigh
    Tel: +44 20 3214 2419
    E-mail: press@arcelormittal.com