製品概要

製品名称
クロスウェーブ
一般名称
プラスチック貯留材・雨水貯留槽・雨水貯留浸透施設
製品バリエーション
CW-HA(クロスウェーブHA):空隙率95%(2段以上)
CW-HD(クロスウェーブHD):空隙率95%(3段以上)
CW-S(クロスウェーブS):空隙率92%
CW-N(クロスウェーブN):空隙率95%(3段以上)
CW-NS(クロスウェーブNS):6.0m埋設(CW-Nハイブリッド用)

製品仕様
フルサイズ、ハーフサイズ、スペーサー

製品説明

プラスチック製ブロック材(再生ポリプロピレン樹脂製)を地下に埋設し、「雨水流出抑制」や「雨水利用」のため、雨水貯留槽や浸透槽を構築するものです。直角交差で積み上げたブロック材は高い空隙率を生み出し、必要十分な貯水量を確保。構造体としても非常に安定しています。
波状形状のプラスチック製ブロック材を90度ずつ交差させ半分ずらして積み上げること(接合部材不要)で、ブロック間に高い空隙が確保されながら、強固かつ頑強な構造体として構築できます。

【クロスウェーブの5つの特長】
 ゞ隙率:空隙率95%を実現し、十分な量の水を貯留可能
 耐荷重:T-25車両の通行に対応(一般道路を除く)
 B竸明:レベル2地震動の耐震性。東日本大震災でも倒壊事例なし
 ご蔽瓜楾:接合部材が不要で、積み上げは人力のみ
 ゴ超性:耐薬品性に優れ、水を汚染しない(再生プラスチック使用)

【クロスウェーブの利用用途】 〜台風やゲリラ豪雨などの水害・治水対策に〜
 「雨水流出抑制」 ⇒台風やゲリラ豪雨による大雨でも地下に雨水を効率かつ安全に貯留して流出抑制。河川の氾濫や洪水など、水害による被害を最小にします。
    +
  「雨水利用」   ⇒生活雑水、工業用水、農業用水などにも活用いただけます。

※問い合わせページへ移動します

この製品を統括する事業部門

その他の営業窓口

管材事業部 管材土木営業所 クロスウェーブグループ

〒105-8566
東京都港区虎ノ門2−10−4 オークラプレステージタワー
TEL 03-6626-2750
 
 

管材事業部 管材土木営業所 クロスウェーブグループ(大阪駐在)

〒530-8565
大阪市北区西天満2-4-4
TEL 06-6365-4230
 
 

関連リンク