CDP「気候変動」および「水セキュリティ」両部門でAリスト企業に選定

2020年12月9日
積水化学工業株式会社

  積水化学工業株式会社(社長:加藤敬太、以下「当社」)は2020年12月8日、国際的な環境非営利団体CDPにより、2020年の「気候変動」および「水セキュリティ」の両部門でAリスト企業に選定されました。「気候変動」部門は3年連続、「水セキュリティ」部門では初のAリスト企業への選定となります。
  CDPは、企業や都市が温室効果ガスを削減し、水資源を保護し、森林を保護することを推進する国際的な非営利団体です。515強の世界の投資機関および150社強の購買組織を代表し、「気候変動」、「森林減少」および「水のセキュリティ」に関する問題への効果的な対応について質問票による調査を実施し、回答を評価しています。なお2020年は評価対象となった5,800社強の中で、日本企業からは当社を含め、「気候変動Aリスト」に53社、「水セキュリティAリスト」に30社が選定され、両部門でAリストに選定された企業は17社でした。

  • 積水化学_CDP「気候変動」
  • 積水化学_CDP「水セキュリティ」

  当社グループは、2020年4月、2030年までの長期ビジョン「Vision2030」を策定し、「“Innovation for the Earth” サステナブルな社会の実現に向けて、LIFE の基盤を支え、“未来につづく安心”を創造する」ことをビジョンステートメントとして発表しました。このありたい姿の実現を目指し、ESG経営を中心においた革新と創造により、社会課題解決への貢献を拡大していきます。
  2020年8月には環境長期ビジョン「SEKISUI 環境サステナブルビジョン2050」を策定し、2050年を見据えた環境課題への取り組みの方向性を再設定しました。
  気候変動課題に対する取り組みとしては、脱炭素社会の実現を目指しています。2050 年に企業活動における温室効果ガス排出量をゼロにする長期目標を設定し、バックキャストした2030 年には購入電力を100%再生可能エネルギーに転換することを目指します。
  また、水リスク課題に対する取り組みとして、持続的な操業のために当社グループが受ける水リスクを最小化し、生物多様性の保全のために積水化学グループが与える水リスクの最小化を行って、企業活動において利用している自然資本に対してプラスにリターンすることを目指し、サステナビリティ貢献製品や流域関係者との協業を通じ、地域の水課題解決に貢献します。

本件に関するお問い合わせ

  【報道関係のお客様】
    積水化学 広報部
    Email: kouhou@sekisui.com
    TEL:03-6748-6467  FAX:03-6748-6547

  【一般のお客様】
    ESG経営推進部
    TEL:03-6748-6455  FAX:03-6748-6544